EM(エンタメイト)レディアンジュ》

ペンデュラム・効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1000/守1500
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、自分と相手のモンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時に、
手札からPモンスター1体を捨てて発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札から「EMレディアンジュ」以外の「EM」モンスター1体とこのカードを捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「オッドアイズ」カードまたは「EMジェントルード」が存在する場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 DIMENSION FORCEで登場した光属性天使族下級ペンデュラムモンスター
 モンスター同士の戦闘時に手札コストを払う事で相手モンスター弱体化するペンデュラム効果同名カード以外のEMと自身を手札コストに2枚ドローする起動効果オッドアイズまたは《EMジェントルード》が存在する場合に自身を墓地からペンデュラムゾーン置く起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果手札からペンデュラムモンスター捨て戦闘を行う相手モンスター弱体化する効果
 手札コストは少々重いが、戦闘補助により戦闘を優位に進められる。
 とはいえEMには《EMペンデュラム・マジシャン》などこのカードより扱いやすい戦闘補助カードも存在するため、このカードペンデュラムゾーン置く場合は《EMジェントルード》とのコンボを意識したい。

 (1)のモンスター効果は自身含む2枚のEM捨てて手札交換
 手札の質を高めつつ、墓地EMを置けるため、《EMオッドアイズ・シンクロン》《EMフレンドンキー》などとも相性が良い。
 なお自身の(2)の発動準備につながるが、1ターンに1度いずれかしか発動できないため、(2)の発動は次のターン以降になる。

 (2)は墓地のこのカードペンデュラムゾーン置く効果
 上述の通り(1)を発動した次のターンなら自然と発動が狙える。
 《EMジェントルード》ペンデュラム効果や自身の優秀なペンデュラムスケールを活かすために置くことになるか。

  • カード名はレディとフランス語で天使を意味する「アンジュ(ange)」からか。
    また、《EMジェントルード》と合わせて、アニメ・漫画ARC-Vにてエンタメデュエルの準備が整った際に榊遊矢が述べる「レディス&ジェントルメン」もモチーフに含まれていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《EMレディアンジュ》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星3 光属性 天使族 攻1000 守1500 スケール1 EM

広告