OToNaRi(オトナリ)サンダー》

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻 500/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドに雷族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールド・墓地の雷族・光属性・レベル4モンスター2体を対象のモンスターのX素材とする。

 Vジャンプ(2024年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場する光属性雷族下級モンスター
 自分フィールド雷族が2体以上存在する場合に、このカード手札墓地から特殊召喚する効果フィールドの自身と手札フィールド墓地レベル4・光属性雷族1体を自分エクシーズモンスターエクシーズ素材にする効果を持つ。

 (1)は自己特殊召喚効果
 【雷族】全般で比較的満たしやすい条件で特殊召喚が可能であり、各種素材にできる。
 特にエクシーズ素材にできれば除外を回避でき、墓地からの蘇生も可能であるため、毎ターン使い回せる。
 自身も所属するサンダー雷族の連鎖展開を得意とするため、条件にしやすいだろう。
 また《ONiサンダー》サーチ先としても貴重な自己特殊召喚効果持ちであり、優先度の高いサーチ先となる。
 その他の雷族としては《太陽電池メン》と相性が良く、あちらの効果墓地へ送り自己再生すればあちらの電池メントークン生成までつながる。
 上級モンスターではあるが、《充電池メン》はその《太陽電池メン》リクルートできる効果を持つため、あちらの召喚から4体のモンスターを並べられる事になる。
 《電極獣カチオン》召喚から《電極獣アニオン》の展開が可能であるため、条件を満たせる。

 また手札から特殊召喚した場合には発動する効果であるため、《超雷龍−サンダー・ドラゴン》召喚条件を満たすことにもつながる。
 ただし、このカード自身を《超雷龍−サンダー・ドラゴン》に変換してしまうと除外され使い切りになってしまうため、リリース発動条件で並んでいる他の雷族を充てたい。

 (2)はエクシーズ素材になる効果
 エクシーズ素材を補給するエクシーズモンスターに指定はないものの、このカードやもう1体のレベル4・光属性雷族を採用するデッキである時点でランク4になりやすい。
 とはいえ、エクシーズ召喚を行ったエクシーズモンスターにとってエクシーズ素材が足りないということ自体起こりづらい。
 補充先としては通常のエクシーズ召喚では使用できない効果を持つランク4の《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》
 あるいは【エクシーズ召喚】全般に採用できエクシーズ素材の数が増えることが強力な運用につながる《天霆號アーゼウス》などになるか。
 その他、蘇生帰還エクシーズ召喚以外で特殊召喚したエクシーズモンスターに補充するということも考えられる。

  • 作中での徳之助の「お隣さんを忘れてたウラ!?」の発言から考えると、カード名の由来は「お隣さん」+「サンダー」と思われる。
    • 由来からして他の「サンダー」と違い家族の一員では無いようである。
      そのためか他の「サンダー」と違い召喚に関する効果を持たない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《OToNaRiサンダー》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 雷族 攻500 守1200

広告