Wake(ウェイク) Up(アップ) Your(ユア) E・HERO(エレメンタルヒーロー)

融合・効果モンスター
星10/光属性/戦士族/攻2500/守2100
「E・HERO」融合モンスター+戦士族モンスター1体以上
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードの攻撃力はこのカードの融合素材としたモンスターの数×300アップし、
その内の融合モンスターの数まで1度のバトルフェイズ中にモンスターに攻撃できる。
(2):このカードがモンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動する。
そのモンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動する。
手札・デッキから戦士族モンスター1体を特殊召喚する。

 HISTORY ARCHIVE COLLECTIONで登場した光属性戦士族融合モンスター
 融合召喚でのみ特殊召喚できる召喚制限融合素材の数に比例した自己強化融合素材とした融合モンスターの数まで攻撃回数を増やせる永続効果、自身と戦闘を行った相手モンスター破壊してバーンを与える誘発効果破壊された場合に手札デッキから戦士族特殊召喚する誘発効果を持つ。

 融合素材の一方はE・HERO融合モンスターを指定しているので融合召喚主体の【E・HERO】で使うことになる。
 融合素材の数が増えるほど攻撃力が上がり攻撃回数も増えるため、墓地融合素材を貯め、《ミラクル・フュージョン》で全て融合素材にするのも手だろう。
 その《ミラクル・フュージョン》サーチできる《E・HERO サンライザー》とは相性が良く、《E・HERO サンライザー》と、その融合素材として墓地へ送られたE・HEROをこちらの融合素材に利用でき3体以上での融合召喚が可能。
 《E・HERO サンライザー》を出せる状況ではこのカードも出せるため、実質あちらと同じ条件で融合召喚できると見なすこともできる。
 他にも《インスタント・コンタクト》で素材を用意したり、エクストラデッキから直接墓地へ送って墓地融合を狙う事でカード消費を抑える方法もある。
 《轟雷帝ザボルグ》なら自身を破壊して一気に8枚のE・HERO墓地へ送ることができ、攻撃力攻撃回数を大幅に増やせる。

 《フェイバリット・コンタクト》でも特殊召喚できるが、この場合融合召喚としても扱わず、戻したモンスター融合素材ではないため、(1)(3)の効果は利用できない。
 その場合でも(2)の効果は利用でき、再利用が難しい墓地除外融合モンスターなどをまとめてエクストラデッキ戻すといった使い方ができる。

 (1)は融合素材の数に比例した自己強化攻撃回数の増加。
 自己強化融合素材全般に対応するが、攻撃回数はその中の融合モンスターの数にのみ対応するので違いに注意。
 融合モンスターを1体しか用いない場合は攻撃回数は増えないが、その場合でも3000を超える攻撃力は確保できる。
 なお、攻撃先はモンスターのみの指定なので、相手モンスターの数が少なければ攻撃回数を増やしても無意味に終わりがち。

 (2)は自身と戦闘したモンスター破壊バーン
 類似効果の多くが「戦闘破壊した場合」の条件なのに対し、こちらはダメージ計算後のタイミングであり、戦闘破壊する必要はない。
 従って、戦闘破壊耐性を持つものや自身より攻撃力で上回るモンスター破壊でき、ダメージステップ故にカウンターできるカードも限られる。
 自身より攻撃力が低い攻撃表示モンスター攻撃した場合は戦闘ダメージと合わせてほぼ直接攻撃に等しいダメージとなる。
 1ターンの回数制限も無く、(1)等で攻撃回数が増えていれば即死級の大ダメージも狙える。

 (3)は破壊された場合の手札デッキからの戦士族特殊召喚
 (1)により高い攻撃力を得やすいため戦闘破壊されるケースは少なく、単なるリクルート要員として使うには重いカードなので、基本的には相手効果破壊に対する保険となる。
 ただし、特殊召喚先に戦士族以外の制限がないため、能動的に破壊を行いリクルートを狙うのも手。
 特殊召喚する候補としては《E・HERO シャドー・ミスト》が挙げられ、《マスク・チェンジ》サーチできる。
 《聖戦士カオス・ソルジャー》《焔聖騎士−リナルド》リクルートして除外された融合素材を回収したり、《ヒーロー・キッズ》《昇華騎士−エクスパラディン》リクルートして大量展開に繋げる手もある。

 能動的な破壊手段としては《D−HERO デストロイフェニックスガイ》が考えられ、あちらの効果破壊して(3)に繋げられる。
 このカード連続攻撃モンスターゾーンをがら空きにしたバトルフェイズ中に破壊し、《E・HERO エアーマン》特殊召喚して《E・HERO オネスティ・ネオス》サーチすれば一気にライフポイントを削れる。

 自爆特攻になる場合でも(2)で相手モンスター破壊できるため、相手モンスターが1体の場合ならリクルートしたモンスター直接攻撃が可能。
 壊獣コンボするのも手で、厄介な耐性持ちモンスター除去しつつ(2)によるバーンの数値を高めることができ、《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》《壊星壊獣ジズキエル》なら2体を融合素材にした場合に限り自爆特攻して(3)に繋げられる。

  • 原作・アニメにおいて―
    カード名はアニメGXの第2ED「Wake Up Your Heart」、イラストはそのED映像のラストの一枚絵がモデルであろう。
    モデルとなった一枚絵では、中央にいる《E・HERO ネクロダークマン》の前面に拳を振り上げてジャンプする十代が重なっており、その点以外は概ね忠実。
    このカードレベルが10なのは、その「十」代にかけているのだろうか。
  • ちなみに、この歌を歌っているのは十代の声優を担当したKENN氏である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《Wake Up Your E・HERO》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星10 光属性 戦士族 攻2500 守2100 E・HERO HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告