《アーマード・ホワイトベア》

効果モンスター
星4/水属性/獣族/攻1800/守1400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドにSモンスターが存在し、
このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のフィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「アーマード・ホワイトベア」以外の
レベル4以下の獣族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 COLLECTION PACK 2020で登場した水属性獣族下級モンスター
 シンクロモンスターが存在する状態で召喚・特殊召喚に成功した場合にフィールド魔法サルベージする誘発効果戦闘または相手効果破壊され墓地へ送られた場合にデッキ墓地から下級獣族特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)はフィールド魔法サルベージ
 自身が獣族なので、シンクロ素材にして《エアーズロック・サンライズ》等から繋げられる。
 獣族関連のフィールド魔法には《クローザー・フォレスト》があるが、あちらは全体強化するだけで、サルベージしてもメリットが少ない。
 発動時にアドバンテージを稼げるものか、破壊された場合の効果を持つフィールド魔法を使いまわしたいところ。
 《妖精竜 エンシェント》とは相性が良く、サルベージしたフィールド魔法発動する事でドロー単体除去が可能となる。

 《ブラック・ガーデン》とそれをサーチできるシンクロモンスター《ガーデン・ローズ・メイデン》なら相性は良い。
 《ガーデン・ローズ・メイデン》シンクロ召喚した後に別のモンスターの素材にし、《ブラック・ガーデン》蘇生すればサルベージできる条件が整う。

 (2)は破壊され墓地へ送られた場合の下級獣族特殊召喚
 《レスキューキャット》では不可能なレベル4の獣族リクルートできるのがメリット
 その《レスキューキャット》《レスキューフェレット》等を特殊召喚すれば更なる展開が可能。
 なお、《レスキューラビット》リクルートはできないが蘇生は可能である。

 2つの効果を両方とも活用するにはシンクロ召喚獣族の両方を取り入れる必要があるため少々構築が限定される。
 無理に両方の利用を狙わず、どちらか片方のみを目当てに採用してもいいだろう。

  • デュエルリンクスにゲームオリジナルで登場したカードOCG化された初の事例である。
    このため、現状ではOCGとデュエルリンクスで効果が異なる状態となっている。
  • アニメ→ゲーム→OCGと登場が後になるにつれて特殊召喚先の指定が緩くなるという、典型的な汎用性の強化が見られる。
    カードパワー全体で見ても強化されているが、自分効果破壊トリガーにできない点ではOCGが劣っている。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アーマード・ホワイトベア》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 獣族 攻1800 守1400

広告