《アルカナリーディング》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):コイントスを1回行い、その裏表によって以下の効果を適用する。
自分のフィールドゾーンに「光の結界」が存在する場合、
コイントスを行わず裏表のどちらかを選んで適用する。
●表:デッキから「アルカナリーディング」以外のコイントスを行う効果を持つカード1枚を手札に加える。
●裏:相手は自身のデッキからカード1枚を選んで手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「アルカナフォース」モンスター1体を召喚する。

 PHANTOM RAGEで登場した通常魔法
 コイントスの結果(《光の結界》適用時は任意の選択)で自分相手サーチを行う効果墓地の自身を除外してアルカナフォース1体を召喚する効果を持つ。

 (1)はコイントスの結果で効果が変わり、《光の結界》が存在するならどちらかを選んで適用できる。
 《光の結界》があれば適用する効果を選択できるが、「●裏:」の効果を選ぶメリットは殆どないため、基本的には「●表:」を選ぶことになる。

 「●表:」の効果コイントスを行う効果を持つカードサーチする効果
 【アルカナフォース】では全てのアルカナフォースモンスターが共通効果によりコイントスを行うため、このカードは万能サーチとなる。
 コイントスを行う効果を持つカードならなんでもサーチできるため、【ギャンブル】全般での採用が検討できる。
 といっても、「●裏:」のデメリットが重いため、「●表:」の効果適用できるように、できれば《光の結界》を、最低でも《セカンド・チャンス》適用している状態で発動したい。
 《光の結界》サーチできるが、このカード自身が《光の結界》を実質必要とすることを考えると実際の選択肢にはなりにくく、《テラ・フォーミング》等の別のサーチ手段を主にすべきだろう。

 「●裏:」の効果相手に任意のカードサーチさせる効果
 非常に重いデメリットであり、極力避けるべきだろう。
 相手手札に加わるカード確認できないため、《The suppression PLUTO》効果などの補助にもならない。

 効果処理時《光の結界》適用されていないと任意選択ができない。
 このカードの発動チェーンされてあちらを除去されると運任せとなってしまう。
 【アルカナフォース】においてはモンスターも同じ弱点を持つため《光の結界》を守るカードの併用はほぼ必須と言える。

 (2)は墓地のこのカード除外してアルカナフォースモンスター召喚する効果
 召喚であるため、レベル5以上ならリリースが必要になり《アルカナフォースEX−THE DARK RULER》など特殊召喚モンスターの展開は不可能だが、アルカナフォースモンスターの展開を行える。
 アルカナフォースモンスターは全て(1)の「●表:」からサーチできるため、(1)でサーチしたカードをこの効果フィールド召喚まで続けて行える。

  • カード名アルカナと「タロットリーディング」を組み合わせたものだろう。
    「リーディング」とは占いで未来予知のために人の「目に見えない情報」を読み解くことを指し、これをタロットカードで行うことがタロットリーディングである。
    アルカナフォースの項にもある通り、一般的にはあらかじめ決められたタロットカードの正位置・逆位置の意味合いによって行われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    イラストでは、卓上にバラまかれた裏向きの複数のタロットカードが描かれているが、これはアニメGXで斎王琢磨が使っていたものと同じ柄である。
    左上から伸びている手も、服の袖の特徴(白く、指の又に掛ける構造)から彼の手と考えられる。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《アルカナリーディング》の(1)の効果の「●裏:」の効果処理で相手手札に加えたカードを自分確認できますか?
A:《アルカナリーディング》の「●裏:相手は自身のデッキからカード1枚を選んで手札に加える」処理によって相手手札に加えるカードを、自分確認することはできません。(20/08/08)


Tag: 《アルカナリーディング》 魔法 通常魔法

広告