《インフェルニティ・サプレッション/Infernity Suppression》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
自分の手札が0枚の場合、このカードはセットしたターンでも発動できる。
(1):自分フィールドに「インフェルニティ」モンスターが存在し、
相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。
その後、そのモンスターのレベル×100ダメージを相手に与える事ができる。

 PHANTOM RAGEで登場した通常罠
 手札が0枚ならばセットしたターン発動できる効果外テキスト相手発動したモンスター効果無効にし、そのモンスターレベルに比例したダメージを与える効果を持つ。

 発動条件が緩くなった代わりに魔法・罠カードに対応せず破壊を行わない《インフェルニティ・バリア》といった効果だが、現環境ではモンスター効果の重要性が高く、手札墓地発動したカード無効にできるため、充分なカウンター性能を持つ。
 また、【インフェルニティ】手札0枚でなくても機能するカードは珍しく、制圧局面でないと使いにくい《インフェルニティ・バリア》と比べて、手札事故でもインフェルニティさえいれば機能はする点も評価できる。
 制圧局面ではあちらの方が強力だが、《インフェルニティ・デーモン》サーチできる点も共通であり、競合というよりは両者ともに採用してもよい。
 こちらは1ターンに1枚しか発動できないので、ピン挿しの方が好ましいだろう。

 手札が0枚であれば、セットしたターン発動できる効果外テキストも持つ。
 【インフェルニティ】手札誘発に弱い割にこちらは手札誘発を積めないためこの効果は有用そうに見えるが、実際には発動条件がネックとなり、フィールドインフェルニティを用意して手札を無くす前の段階で手札誘発を食らってしまうことが多く、期待するほどには機能しない。
 《墓穴の指名者》や、《簡易融合》からの《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》 の方が有効な場面が多いので、手札にあるなら展開時に意識はしておく程度の認識で良いだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《インフェルニティ・サプレッション》 通常罠 インフェルニティ

広告