《インフェルニティ・パラノイア/Infernity Paranoia》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なり、
レベルが同じ「インフェルニティ」モンスター1体を
自分のデッキ・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「インフェルニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 PHANTOM RAGEで登場した通常魔法
 闇属性リリースしてレベルが同じでカード名が異なるインフェルニティデッキ墓地から特殊召喚する効果、自身を墓地コストインフェルニティモンスターサルベージする効果を持つ。

 (1)はインフェルニティ特殊召喚
 インフェルニティには1〜4・6〜8のレベルが存在する。
 特殊召喚したモンスター効果無効になり、同じレベルを呼んでくるためシンクロ召喚等に使うにもフィールドの合計レベルは変わらない。
 素材指定を満たす、チューナーと非チューナーを入れ替える、墓地発動のものを選ぶなどといった使い方をしたい。
 コストを払うことはできるので、特殊召喚した《インフェルニティ・ワイルドキャット》《インフェルニティ・デーモン》除外し、《虚空海竜リヴァイエール》帰還させるといったテクニックも存在する。

 (2)はインフェルニティサルベージ
 手札が0枚で劣勢になると逆転の手段をデッキトップに頼りがちだった【インフェルニティ】において「墓地で使える仮の手札」を作れるのは大きい。
 《インフェルニティ・ビショップ》特殊召喚や、《インフェルニティ・インフェルノ》墓地肥やし枚数を増やすといった手段に使える。
 また、蘇生できない《インフェルニティ・ミラージュ》の再利用手段にもなる。
 この効果発動すると手札が0枚でなくなるので、そこの隙を突かれないよう注意したい。

  • 「パラノイア/paranoia」は、日本語では偏執病・偏執症と訳される精神病の一種。
    被害妄想や自分が特別な存在であるという妄想などを発症するが、それ以外の日常生活・思考に異常が現れないという点が特徴である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《インフェルニティ・パラノイア》 魔法 通常魔法 インフェルニティ

広告