《エーリアン・バスター/Alien Stealthbuster》

効果モンスター
星4/光属性/爬虫類族/攻1700/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターにAカウンターを2つ置く。
(2):墓地のこのカードを除外し、Aカウンターが置かれているカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 DAWN OF MAJESTYで登場した光属性爬虫類族下級モンスター
 墓地へ送られた場合に表側表示モンスター1体にAカウンターを2つ置く誘発効果墓地から除外してAカウンターが置かれたカード1枚を破壊する起動効果を持つ。

 (1)は表側表示モンスター1体にAカウンターを2つ置く効果
 トリガーは方法や場所を問わず墓地へ送られた場合と非常に緩く、様々な手段で発動が狙える。
 《エーリアンモナイト》蘇生すれば、再利用しつつシンクロ召喚リンク召喚へ繋げられる。
 効果に必要なAカウンター2つと蘇生先を同時に用意できるため《古代遺跡コードA》とも相性が良い。

 (2)はAカウンターが置かれたカード1枚を破壊する効果
 相手モンスターAカウンター置く手段は【エーリアン】では豊富。
 モンスター効果の単体完結性が高いため、ランクエクシーズ素材等として扱っても汎用性の高い除去カードになり得る。
 《エーリアン・ソルジャー M/フレーム》破壊すれば大量展開も可能。
 ただし、墓地へ送られたターンには発動できないので即効性は低い。

 《「A」細胞組み換え装置》などで相手ターン墓地へ送った場合は、返しの自分ターンで(2)を使えるので、(1)から(2)のタイムラグを若干埋められる。
 相手ターン中に《毒蛇の供物》を使い、計2:3交換を狙っても良いだろう。
 やや工夫は必要だが、相手エンドフェイズに何らかの手段で墓地へ送ればほぼタイムラグ無しで使える除去となる。
 タイムラグがあってAカウンターを必要とする割には、対象を取る破壊という最も防がれやすい除去ではあるが、《スキルドレイン》を不得意とする【エーリアン】にとって、その影響下でも使用可能な除去効果である点は大きいと言えるだろう。

  • 岩陰に隠れているイラストだからか、英語名では「バスター」ではなく「ステルスバスター」となっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エーリアン・バスター》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 爬虫類族 攻1700 守1500 エーリアン

広告