《エレメントの加護(かご)

カウンター罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):魔法・罠カードが発動した時、自分フィールドの表側表示の「E・HERO」モンスター1体をエンドフェイズまで除外して発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):自分フィールドに「E・HERO ジ・アース」が存在する場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「E・HERO」モンスター1体を選んで召喚条件を無視して特殊召喚する。 

 PREMIUM PACK 2023で登場したカウンター罠
 E・HEROエンドフェイズまで除外することで魔法・罠カードカードの発動無効にし破壊する効果《E・HERO ジ・アース》モンスターゾーンに存在する場合に自身を墓地コスト手札墓地除外ゾーンのE・HERO召喚条件を無視して特殊召喚する効果を持つ。

 (1)は魔法・罠カードカードの発動無効にし破壊する効果
 コストとしてE・HEROエンドフェイズまで除外する必要があるため戦線を減らしてしまうものの、エンドフェイズには戻ってくるため、この無効によって耐えられれば実質1:1交換となる。
 E・HEROにおいては貴重な、緩い条件の防御手段であるが、類似するものに《パラドックス・フュージョン》が存在するのがネック。
 こちらは融合モンスター以外にも対応し、(2)のおかげで《E・HERO スピリット・オブ・ネオス》にも対応するが、代わりに効果モンスターに対抗できない。
 帰還の速さ等の独自の利点もある一方、魔法・罠カードよりも効果モンスターが猛威を振るう環境では大きな欠点となる。

 一方で、融合モンスターは展開前に妨害されることが多いため、《パラドックス・フュージョン》では対応範囲は広いがそもそも条件を満たす前に妨害されることも少なくない。
 こちらは展開の起点となる《E・HERO エアーマン》等がそのまま展開妨害を阻止する条件として使えるため、発動のしやすさでは勝る。
 ただし、あくまでE・HEROにしか対応しないため、《マスク・チェンジ》リンクモンスターを絡めると、条件を満たせない隙が生じる欠点もあるため、展開の順番にはやはり注意は必要となる。
 《E・HERO アブソルートZero》とは相性がよく、あちらの全体除去発動しつつ、この効果発動できる。
 《E・HERO オーシャン》など、維持する必要のある遅い効果とは、カウンターしつつ一時的に避難してタイミングまで安全に過ごせるため、相性が良い。

 (2)はE・HERO特殊召喚
 フリーチェーン手札墓地除外から召喚条件を無視して特殊召喚できるため、追撃や素材化等多岐に渡る利用ができる。
 ただし発動条件《E・HERO ジ・アース》がネックであり、強力な効果を持つわけでもなく軽くもないあちらを出してまで行うかはよく考えたい。
 この効果のお陰で《E・HERO スピリット・オブ・ネオス》サーチに対応するため、そのための効果と割り切ってしまうのも良いだろう。

 注意点としてE・HERO特殊召喚するカードには召喚条件を無視するカードが多数あるが、それらでエクストラデッキから特殊召喚されたE・HERO蘇生制限を満たさない。
 このカードはあくまで召喚条件を無視するだけで蘇生制限を無視しないため、それらの蘇生帰還には利用できない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《エレメントの加護》 カウンター罠

広告