《エンジェルO1(オーワン)

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 200/守 300
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードは手札のレベル7以上のモンスター1体を相手に見せ、手札から特殊召喚できる。
(2):特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズにレベル7以上のモンスター1体を表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。

 PREMIUM PACK 2021で登場する光属性天使族下級モンスター
 手札レベル7以上を公開して手札から特殊召喚する効果特殊召喚した状態で存在する場合に召喚権を追加してレベル7以上のアドバンス召喚を行える効果を持つ。

 (1)は手札からの自己特殊召喚効果
 手札最上級モンスターが必要だが、召喚権を使うことなく展開することで(2)と合わせてアドバンス召喚につなぎやすい。

 (2)は通常の召喚権に追加して最上級モンスターアドバンス召喚を行える効果
 (1)で自身を特殊召喚し、下級モンスター通常召喚ができればそのままアドバンス召喚リリースが揃う。
 《神の居城−ヴァルハラ》《ワン・フォー・ワン》など特殊召喚の手段は多く、(1)以外でも適用する手段は多い。
 《宣告者の神巫》《トリアス・ヒエラルキア》コンボでこのカードリクルートすることで、《宣告者の神巫》1枚からこのカードを含む2体のリリースフィールドに揃えられる。

 似たアドバンス召喚サポートが出来るコンボとして《天帝従騎イデア》から《冥帝従騎エイドス》リクルートが存在する。
 あちらはエクストラデッキからの展開制限がかかる代わりに、リリース後にそれぞれの効果アドバンテージを稼ぐことができる。
 エクストラデッキからの展開が自由な点で差別化するのもよいが、共に採用してリリースを3体以上並べることを狙うのも面白い。
 特に《天帝従騎イデア》とはレベル1・光属性という点が一致しているためサポートカードも共有できる。
 なおこのカードの(2)の効果《冥帝従騎エイドス》の(1)の効果が同時に適用されても増える召喚権は1度のみである。(詳しくは召喚権を参照)

 (1)(2)共に発動する効果ではないため、《クリッター》等でサーチしたターンにも一切制限なく運用できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エンジェルO1》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 天使族 攻200 守300

広告