《ガスタへの追風(おいかぜ)

装備魔法
「ガスタ」モンスターにのみ装備可能。
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターは相手の効果では破壊されない。
(2):装備モンスターのレベル・ランクによって以下の効果を発動できる。
●4以下:装備モンスターとは種族が異なる「ガスタ」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
●5以上:デッキからレベル1チューナー1体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外し、手札から風属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから「ガスタ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 DAWN OF MAJESTYで登場した装備魔法
 装備モンスター相手効果破壊されない効果装備モンスターレベルランクによって異なる効果発動する効果墓地のこのカード除外し、手札風属性モンスター捨て事でガスタ魔法・罠カードサーチする効果を持つ。

 (1)は装備モンスター破壊耐性を付与する効果
 これによりフィールドでの維持を安定させられるが、破壊以外には何ら耐性にならないため過信はしないようにしたい。
 また(2)からシンクロ召喚等につなぐ場合にも、チェーンしてモンスター破壊されるような事態を回避できるため発動の安定にもつながる。

 (2)は装備モンスターレベルランクによって異なるモンスターリクルート効果
 レベルランク「●4以下:」の場合種族の異なるガスタモンスターリクルート
 メインデッキガスタ鳥獣族サイキック族雷族に分かれているため、リクルート先をある程度柔軟に選択できシンクロ召喚などにつなぎやすい。

 レベルランク「●5以上:」の場合レベルチューナーリクルート
 こちらもその後のシンクロ召喚などが容易になるが、こちらはガスタでなくてもよいためリクルート先として幅広い選択が可能。
 また《ダイガスタ・スフィアード》装備した場合《ガスタ・イグル》リクルートすることで自爆特攻コンボに繋げられる。
 同様に《ガスタの疾風 リーズ》装備した場合にも《ガスタ・イグル》相手モンスターコントロール転移を行える。

 (3)はガスタ魔法・罠カードサーチ効果
 手札コストも必要であるが1:1交換でのサーチが可能。
 《ガスタ・グリフ》コストにすればあちらの効果トリガーにもなり効率がよい。
 この手のサーチカードにありがちな同名カード以外という縛りもないため、同名カードサーチすることも可能。
 これにより手札消費こそ嵩むが《おろかな副葬》同名カード含むガスタ魔法・罠カードサーチカードとして扱える。

 総じて展開力に乏しい【ガスタ】においては能動的な展開を行えるキーカードであり、是非とも採用したい。

 《聖騎士の追想 イゾルデ》はこのカード墓地へ送りつつ、(3)のコストとなる風属性モンスターサーチできるため相性がいい。
 しかし、ガスタには戦士族モンスターが存在しないため、他の戦士族との併用が前提となる。
 《簡素融合》《魔装騎士ドラゴネス》を出す、戦士族通常モンスター《レスキューラビット》で展開するといった方法を取りたい。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》リクルートするモンスター風属性戦士族チューナーである《影六武衆−フウマ》を用いると、《ガスタの神裔 ピリカ》とシナジーする。

 《ダイガスタ・エメラル》《ダイガスタ・フェニクス》にも効果が対応しているため、これらに装備すると好きなガスタリクルート可能。
 共に汎用エクシーズモンスターであるため、上記のコンボを用いた出張の際に役立つだろう。

  • 追風(おいかぜ)」は「おいて」とも読み、元々は「後方から吹く風」を意味し、船艦などでの進行を手助けする風でもある。
    そこから転訛し「有利な状況・後押しとなる出来事」を意味する比喩表現としても使わる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ガスタへの追風》 魔法 装備魔法 ガスタ

広告