《クリバー》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
このカード名はルール上「クリボー」カードとしても扱う。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードまたは自分の「クリボー」モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
デッキから「クリバー」以外の攻撃力300/守備力200のモンスター1体を特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードと自分の手札・フィールドの
「クリビー」「クリブー」「クリベー」「クリボー」を1体ずつリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「クリバビロン」1体を選んで特殊召喚する。

 ANIMATION CHRONICLE 2021で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 ルール上クリボーとしても扱う効果外テキスト、自身または他のクリボー戦闘破壊された場合に同名カード以外の攻撃力300・守備力200のモンスターリクルートする誘発効果、自身を含めた5体のモンスターリリースして《クリバビロン》特殊召喚する起動効果を持つ。

 自身及び《クリビー》《クリブー》《クリベー》《クリボー》の5体は、いずれも《クリバビロン》《ティンクル・ファイブスター》効果特殊召喚できる。
 特にこのモンスターは(2)により《クリバビロン》とは相互に特殊召喚し合える関係にある。

 (1)は被戦闘破壊時のリクルート効果
 自爆特攻で自身が戦闘破壊されても発動可能であり、戦闘ダメージさえ覚悟すれば単体でリクルーターとしても機能する。
 多くのクリボーモンスターが該当するので【クリボー】ではリクルート先に困る事はないだろう。
 クリボー関連以外では、戦闘破壊耐性により追撃を防ぐとなれる《魂を削る死霊》も有力候補か。
 【クリボー】以外では【ワイト】でも3体がリクルート先に該当する。

 (2)はクリボー5兄弟をリリースしての《クリバビロン》特殊召喚効果
 特定の5体を手札フィールドに揃える手間が必要であり、更に他の4体と異なりこのモンスターフィールドでなければならない。
 基本的には、《ティンクル・ファイブスター》《クリバビロン》効果で揃える事になるだろう。
 リリースコストなので、この効果カウンターされて無効化されると5枚ものディスアドバンテージとなり、敗北に直結しかねない。
 発動する場合は絶対にカウンターを受けない様に注意すべきだろう。

 なお、モンスターゾーンに空きがある場合は、《クリバビロン》効果で上記5体に即座に分離する事もできる。
 従って、このカードの(2)→《クリバビロン》効果と連続発動すれば、間接的に手札の他4体をフィールド特殊召喚する効果ともみなせる。
 大型リンク召喚エクシーズ召喚が可能となるので、狙ってみるのも良いだろう。

関連カード

サポートカード

―《クリバー》の姿が見られるカード

(1)でリクルート可能な攻撃力300・守備力200のモンスター

クリボーモンスター

通常モンスター

効果モンスター

収録パック等


Tag: 《クリバー》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻300 守200 クリボー

広告