《コウ・キューピット》

効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻2200/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターが守備力600のモンスターのみの場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札を1枚捨て、自分フィールドの天使族・光属性モンスター1体と
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターのレベルはターン終了時まで、
もう1体のモンスターのレベルと同じになる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 PHANTOM RAGEで登場した光属性天使族上級モンスター
 自分モンスター守備力600のみの場合特殊召喚できる起動効果光属性天使族を選択したモンスターと同じレベルにする誘発即時効果を持つ。

 (1)は自己特殊召喚効果
 条件は守備力600のモンスターのみの場合であるため、他のモンスターが存在する場合は不可能。
 基本的に守備力600のモンスター1体を出しておくのが良いだろう。
 該当するモンスターとしては、自身も属するキューピットに加え、汎用性の高いものとしては《クリッター》《魔界発現世行きデスガイド》《原始生命態ニビル》などがある。
 守備力600のレベルモンスターであれば(2)の効果を使う必要なしでエクシーズ召喚が可能であり、中でも《ハイパーサイコライザー》シンクロモンスターなので手札事故を起こしにくい。
 通常モンスターであれば《予想GUY》特殊召喚する、《レスキューラビット》で2体出すといった方法で並べやすい。
 その他にも守備力600のモンスターはいるが、それらの間にシナジーはない。

 (2)は自分フィールド光属性天使族レベル表側表示モンスター1体のうち自分モンスターレベルをもう1体のモンスターレベルと同じにする効果。
 自身も対象にすることができ、自分フィールドの他のモンスターと共に対象にすればエクシーズ召喚を行える。
 基本的に光属性天使族モンスターレベル6にし、ランク6を狙うと良いか。
 なお相手モンスター対象にできフリーチェーン発動できるが、レベルを変更するのは自分モンスターであるため、相手シンクロエクシーズ召喚の妨害にはならない点は注意。
 コストに着目すれば、未界域魔轟神効果フリーチェーンで使うこともできるが、それ目当てなら《サンダー・ブレイク》などの汎用カードで良い。

関連カード

(1)(2)の両方の効果に対応する天使族光属性守備力600のモンスター

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:《コウ・キューピット》の(2)の効果自分光属性天使族の《コウ・キューピット》と自分《クリッター》対象にしました。
  この場合どちらのレベルを変更してもよいのでしょうか?
A:ご質問の場合、《コウ・キューピット》のレベルを、《クリッター》と同じにしなければなりません。(20/08/08)


Tag: 《コウ・キューピット》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 天使族 攻2200 守600

広告