《コドモドラゴン/Kidmodo Dragon》

効果モンスター
星3/地属性/ドラゴン族/攻 100/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、
自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できず、バトルフェイズを行えない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。

 ジャンプフェスタ2013(1日目) プロモーションカードで登場した地属性ドラゴン族下級モンスター
 墓地へ送られた場合に手札ドラゴン族特殊召喚する誘発効果を持つ。

 どこから墓地へ送られても発動できタイミングも逃さないので、発動手段は多岐にわたる。
 手札からの特殊召喚なので手札消費は増えるがレベル等の制限はなく、《竜の渓谷》《竜の霊廟》などを展開カードのように扱えるようになる。
 また、召喚した後すぐに《ストライカー・ドラゴン》リンク素材にすることで、疑似的な《切り込み隊長》のように使うことも可能。
 ただ、発動しやすい代わりに、発動するターンドラゴン族しか特殊召喚できず、バトルフェイズを行えないというデメリットがある。
 前者は【ドラゴン族】ならさほど影響はないが、後者はアドバンテージの獲得に影響が出るので、可能なら先攻ターン目や相手ターン発動したい。
 返しのターンを凌げる制圧盤面を作れるのならデメリットを気にせず使ってもいいか。

 サーチサルベージできるカードコストにすることで、手札加えたドラゴン族を即座に特殊召喚できる。
 《輝光竜セイファート》《神竜 アポカリプス》《ドラゴン・目覚めの旋律》などの他、《竜の渓谷》《アブソルーター・ドラゴン》墓地へ送りチェーンを組むというコンボも可能。

 攻撃力が低いので《デブリ・ドラゴン》蘇生でき、レベル7のシンクロ召喚を行いつつ効果発動できる。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》なら全体除去後に特殊召喚でき、《妖精竜 エンシェント》《月華竜 ブラック・ローズ》ならば除去効果によりバトルフェイズを行えない代わりとすることができる。

  • 名前は、実在の爬虫類「コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)」と「子供」を引っかけている。
    コモドドラゴンはインドネシアのコモド島周辺に生息し、オオトカゲ科に分類されるトカゲである。
    英語名では「Kid(子供)」と掛けている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSの第22話冒頭のデュエル風景で、一般デュエリストの手札にある事が確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    スマホアプリ「デュエルリンクス」では海馬モクバ(DSOD)が使用した時の専用ボイスが用意されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手ターンダメージステップ中に特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/22)


Tag: 《コドモドラゴン》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 ドラゴン族 攻100 守200

広告