《コピーキャット/Mimicat》

通常魔法
「コピーキャット」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「トゥーン・ワールド」及びトゥーンモンスターが存在する場合、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードがモンスターだった場合、
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
そのカードが魔法・罠カードだった場合、
そのカードを自分フィールドにセットする。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した通常魔法
 1ターンに1枚しか発動できない制限、《トゥーン・ワールド》トゥーンモンスター発動条件にして相手墓地モンスター自分フィールド特殊召喚するか魔法・罠カードセットする効果を持つ。

 相手墓地の任意のカードを奪う事ができ、カードの種類を問わず使用制限がないものは珍しい。
 ただし、カテゴリ種族サポートカードを利用するデッキは多く、奪っても使用できない場合もある。
 もっとも、特殊なデッキで無ければ汎用性の高い魔法・罠カードが落ちていることは十分考えられるし、適当なモンスター蘇生させてリリース等に使うこともできる。
 もしくは、《影依融合》のようなキーカードを封じるという使い方もある。

 発動するには《トゥーン・ワールド》トゥーンモンスターが存在する必要がある。
 【トゥーン】では大抵のケースで条件を満たすため発動は難しくないが、除去を多用されると腐る確率は上がる。
 トゥーンモンスターには《トゥーン・キングダム》耐性を付与できるため、《トゥーン・キングダム》除去から守れるように意識したい。
 また、墓地が肥えていない序盤では有効活用しにくく、発動条件も含めて初手に来ると腐りやすいと言えよう。
 《Toon Bookmark》サーチできるため、採用枚数を抑えて必要な時にサーチするのが良いだろう。

  • 「コピーキャット(Copycat)」とは、英語で『物真似する者』を意味する。
  • 真DM2の英語版のソフトでは《Mimicat》となっており、TCGでもこの名前が採用された。
    これは「擬態」「模倣」などを意味する"mimic"に"cat"を合わせたものだろう。
  • アニメZEXALの「キャッシーvsドッグちゃん」戦においてキャッシーが使用した速攻魔法《カウンター・にゃうんたー》・通常罠《猫だまし》のイラストに描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《コピーキャット》 魔法 通常魔法

広告