《サイバー・ダーク・クロー/Cyberdark Claw》

効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが
戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−で登場した闇属性ドラゴン族下級モンスター
 自身を手札コストサイバーダーク魔法・罠カードサーチする起動効果装備モンスター戦闘を行うダメージ計算時エクストラデッキからモンスター墓地へ送る効果装備カード状態で墓地へ送られた場合にサイバー・ダークサルベージできる誘発効果を持つ。

 ステータス《サイバー・ダーク・カノン》と共通し、効果の性質も似通っている。
 【サイバー・ダーク】における基本的な運用方法についてはあちらを参照。

 (1)の効果で自身を墓地へ送りつつサイバーダークサーチできる。
 サーチ先の筆頭は《サイバーダーク・ワールド》で、間接的にサイバー・ダークサーチへと繋げられる。
 他にも、耐性を付与できる《サイバーダーク・インフェルノ》相手ターンの牽制となる《サイバーダーク・インヴェイジョン》、大きく墓地リソースを稼げる《サイバネティック・ホライゾン》と選択肢は十分にある。
 また、《サイバーダーク・インパクト!》発動条件の厳しさから腐りやすいため、ピン挿しにしてこのカードでのサーチに頼る事で手札事故の危険性を減らせる。

 (2)の効果エクストラデッキから墓地肥やしが可能。
 【サイバー・ダーク】ではサイバー・ダーク融合モンスター装備カードとなる《F・G・D》《究極竜騎士》等を直接墓地へ送る用途が考えられる。
 《サイバー・エンド・ドラゴン》墓地へ送る事で《鎧皇竜−サイバー・ダーク・エンド・ドラゴン》墓地融合または効果外テキストでの特殊召喚をサポートするのも良い。
 墓地へ送られた場合の効果トリガーにもできるため、《旧神ヌトス》での除去《捕食植物キメラフレシア》サーチ効果発動させる使い道もある。
 《PSYフレームロード・Ω》墓地へ送れば、あらゆるカードデッキエクストラデッキ戻すことができる。
 《虹光の宣告者》を落として儀式召喚ギミックを組み込むのも面白い。

 (3)はサイバー・ダークサルベージ
 同名カードに対する規制はされていないので、自身をサルベージすることも可能。
 《サイバー・ダーク・カノン》サルベージしてサイバー・ダークサーチし直すこともできる。

関連カード

―《サイバー・ダーク・クロー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバー・ダーク・クロー》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 ドラゴン族 攻1600 守800 サイバー サイバー・ダーク

広告