《サイバネティック・ホライゾン/Cybernetic Horizon》

通常魔法
このカードはルール上「サイバーダーク」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は機械族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):手札及びデッキからそれぞれ1体ずつ、ドラゴン族・機械族の「サイバー」モンスターを墓地へ送って発動できる(同じ属性は1体まで)。
デッキからドラゴン族・機械族の「サイバー」モンスター1体を手札に加え、
EXデッキから機械族の「サイバー」融合モンスター1体を墓地へ送る。

 ストラクチャーデッキ−サイバー流の後継者− サイバー流・奥義相伝パックで登場する通常魔法
 ルール上サイバーダークとしても扱い、発動ターンエクストラデッキからの特殊召喚に制限がかかる効果外テキスト手札デッキサイバー墓地へ送りサイバーサーチ墓地肥やしを行う効果を持つ。

 サイバネティックサイバーダークの双方として扱うため、《サイバー・ドラゴン・コア》《サイバー・ダーク・クロー》で容易にサーチできる。
 展開制限は発動後のみならず発動前にもかかるので、複数枚採用する場合はエクストラデッキ機械族の割合を増やした方が無難か。

 コストとして手札デッキからサイバーモンスター墓地へ送る事が求められる。
 メインデッキサイバーには5属性が存在するが、光属性サイバー闇属性サイバー・ダークを目的にコストにするのが殆どのケースだろう。
 手札デッキから1枚ずつかつ属性が異なる必要があり、効果処理でもサイバーモンスターを要求されるため、デュエル中盤以降は複数種類の属性が残っておらず発動できなくなる可能性があることには気をつけたい。
 なお、コストであるため、仮に効果無効にされたとしても任意のモンスター墓地に送った後なので、《オーバーロード・フュージョン》などで活用できる上、発動ごと無効にされた場合は機械族しか特殊召喚できない誓約が適用されない。

 効果処理でメインデッキからはサイバーモンスターサーチを、エクストラデッキからはサイバー融合モンスター墓地肥やしを行う。
 コスト効果の両面で墓地リソースをため込む事ができ、その後の《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》などの墓地融合をスムーズに狙える。
 特に、融合素材が共に融合モンスターと非常に重い《鎧皇竜−サイバー・ダーク・エンド・ドラゴン》墓地融合を狙う場合は、この墓地肥やしは大いに役立つ。

 サイバーモンスターサーチ範囲はこちらより狭いが、1ターンに1度しか発動できない誓約以外はコストも無い《エマージェンシー・サイバー》も存在する。
 《サイバー・ドラゴン・コア》経由でどちらも相互にサーチができる為、両方を合わせて採用すべきだろう。

関連カード

イラスト関連

属性別に見たメインデッキサイバーモンスター

 ※英語名にのみ「Cyber」が含まれているモンスターは除く。

光属性

闇属性

地属性

風属性

炎属性

収録パック等


Tag: 《サイバネティック・ホライゾン》 魔法 通常魔法 サイバー サイバーダーク サイバネティック

広告