《ジャック・イン・ザ・ハンド》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからカード名が異なるレベル1モンスター3体を相手に見せ、
相手はその中から1体を選んで自身の手札に加える。
自分は残りのカードの中から1体を選んで手札に加え、残りをデッキに戻す。

 PHANTOM RAGEで登場した通常魔法
 デッキからカード名の異なるレベルモンスター3体を選び、お互いにその中から1枚ずつ手札加える効果を持つ。

 レベル1ならば自由にサーチできるが、相手から選ぶため有用なモンスターは大抵取られてしまう。
 この点から【金華猫】【エクゾディア】等の特定のキーカードに依存するデッキでの採用は難しい。
 【ドライトロン】であればレベルドライトロン3種を選べばミラーマッチ【儀式召喚】でない限りはまず腐るため、相手に選ばれてもさほど損失はない。
 その他ではレベル1を多数有する【青眼の白龍】【DD】等が挙げられる。
 また、《サイキック・リフレクター》《ライティ・ドライバー》《ジェット・シンクロン》の3種を選んだ場合は確実に《水晶機巧−ハリファイバー》に繋げられ、前二つは単体で機能せず、後者は蘇生が出来ないため相手手札では腐らせる事が可能。

 レベルモンスターサーチする手段としては《ワンチャン!?》もある。
 あちらは発動条件を整える事やダメージ対策が必要になるが、狙ったモンスターを確実にサーチできる点で勝る。
 こちらはレベルモンスターが3種類必要になり、1枚を取られてしまうものの、下準備不要で発動できるという利点がある。
 それらの性質(特に相手に1枚譲るこちらのデメリット)とデッキの相性を吟味して、採用の検討をしたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ジャック・イン・ザ・ハンド》 魔法 通常魔法

広告