《スターダスト・シンクロン》

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 DAWN OF MAJESTYで登場する光属性機械族下級モンスターチューナー
 自分フィールドモンスターリリースして手札墓地より特殊召喚できる効果召喚・特殊召喚に成功した場合に《スターダスト・ドラゴン》カード名が記された魔法・罠カードサーチできる効果を持つ。

 (1)は手札墓地からの特殊召喚効果
 なるべくならばトークンコスト墓地から特殊召喚して負担を減らしたい。
 《スターダスト・トレイル》手札墓地に存在する場合は、この効果の発動の為のリリースがあちらの特殊召喚トリガーにもなり、レベル8のシンクロ召喚へと繋げられる。
 発動後は自身の除外シンクロ召喚以外のエクストラデッキからの展開が制限される。
 後者は【シンクロ召喚】では然程のデメリットでもないが、《水晶機巧−ハリファイバー》を使うタイミングには注意。

 (2)は《スターダスト・ドラゴン》サポート魔法・罠カードサーチ
 シンクロ召喚を行う準備が整っている場合は、《光来する奇跡》《セイヴァー・アブソープション》等をサーチしてその効果を狙っていくのが良いか。
 レベル10以上の大型シンクロ召喚を狙うのならば、墓地肥やしまたはリクルートレベル上昇でサポートできる《スターダスト・イルミネイト》が適役か。
 相手ターンを迎える場合は、《スターライト・ロード》相手全体除去を牽制したり、《セイヴァー・ミラージュ》除去を狙う事も検討できる。

 効果を意識せずに、《ジャンク・スピーダー》リクルートする為のレベルシンクロンチューナーとして活用するのも手。
 レベル4のシンクロンチューナーは他に3体存在するが、《ロード・シンクロン》《ロード・ウォリアー》以外に使用する場合はレベル2扱いとなる。
 残りの2体はシンクロ召喚先が除外、あるいは効果無効化が課されるデメリットがあるので、シンクロ素材に適さない。
 《ロード・シンクロン》レベル低下が活きる状況もあるので一概にこちらが勝るわけではないが、特にデメリットが無い点で有用な選択肢にはなるだろう。

  • 胸のパーツから透けて見える歯車は「遊星歯車機構」になっている事が確認できる。
    遊星歯車機構とは、中心の「太陽歯車」、その周囲にある複数の「遊星歯車」、さらにその外周にある円状の「遊星キャリア」からなる機構。
    さながら太陽の周りを遊星(惑星)が回るように、太陽歯車の回転によって遊星歯車が太陽歯車の周囲を公転し、太陽歯車の回転速度やトルクを調整して外部に伝達できる仕組みである。
    アニメ5D'sで《スターダスト・ドラゴン》の使い手である不動遊星の名前は、同作に登場する無限エネルギー機関「モーメント」に使用されている、遊星歯車に近い性質を持つとされる架空の粒子「遊星粒子」に由来している。
    このモンスターに遊星歯車機構が組み込まれているのはこれにちなんだものだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《スターダスト・シンクロン》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星4 光属性 機械族 攻1500 守1000 スターダスト シンクロン

広告