《スターヴ・ヴェノム・プレデター・フュージョン・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3600/守2500
闇属性の融合モンスター+融合モンスター
このカード名はルール上「捕食植物」カードとしても扱う。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
自分または相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースし、その発動を無効にする。
(2):融合召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合、
自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 DIMENSION FORCEで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 捕食植物カードとしても扱う効果外テキストフィールド捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースして効果の発動無効化する誘発即時効果融合召喚した自身が相手によって墓地へ送られた場合に闇属性1体を蘇生できる誘発効果を持つ。

 融合素材融合モンスター2体であり、更に片方は闇属性の指定がある。
 重い融合素材ではあり、かつ真価を発揮するためには捕食カウンターが必須となるため、運用できるデッキは基本的に【捕食植物】に限られる。
 【捕食植物】では墓地融合の手段は無いため、《龍の鏡》《死魂融合》を採用して消費を減らす手も考えられる。
 《オッドアイズ・フュージョン》ならエクストラデッキから融合素材墓地へ送ることで融合召喚できるため、かなり出しやすくなる。
 《烙印融合》なら《烙印竜アルビオン》融合召喚し、さらにその効果で別の融合モンスター融合召喚できるため、1枚で融合素材を揃えられる。

 (1)は捕食カウンターが置かれたモンスターリリース効果の発動無効化。
 捕食カウンターが置かれていれば相手モンスターリリースでき、非常に強力な制圧・妨害性能となる。
 発動無効化なのでダメージステップでも発動でき、(展開力は必要だが)同名カードを並べられればそれぞれの効果を同一ターンに使用できる。
 なお、リリースコストではなく効果で行うため、自分モンスターリリースする場合、この効果無効化されてもディスアドバンテージは生じない。
 逆に、この効果チェーンされてそのモンスター除去あるいは裏側表示になるなどして、捕食カウンターが置かれたモンスターが存在しなくなった場合は不発となる。

 (2)は相手によって墓地へ送られた場合における闇属性蘇生
 融合召喚された状態という指定により、蘇生帰還した状態では発動できない点は注意。
 自身も蘇生対象に選べるので、実質1度だけの破壊リリース墓地送り耐性を持つと言える。
 自身を蘇生した場合には(1)の効果が再度発動可能となるため、相手による除去をかなり強く牽制できる。
 無論、他に適した闇属性が存在すればそちらを蘇生しても良い。

  • このカードの情報が初公開された12月18日の「遊戯王OCGタイムズ」では、小野賢章氏が使用している。
    その際の口上は「魅惑の香りで虫を誘う二輪の麗しき華よ。今一つとなりて、その花弁が誘う深淵より飢えたる牙を生み出せ!融合召喚!現れろ!全てを喰らう毒牙龍!レベル10!《スターヴ・ヴェノム・プレデター・フュージョン・ドラゴン》!」。

関連カード

収録パック等


Tag: 《スターヴ・ヴェノム・プレデター・フュージョン・ドラゴン》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 ドラゴン族 攻3600 守2500 スターヴ・ヴェノム ヴェノム フュージョン・ドラゴン 捕食植物

広告