《スパークガン/Spark Blaster》

装備魔法
「E・HERO スパークマン」にのみ装備可能。
自分のターンのメインフェイズ時に表側表示モンスター1体の
表示形式を変更する事ができる。
この効果を3回使用した後、このカードを破壊する。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した装備魔法
 《E・HERO スパークマン》専用の装備カードで、3回まで使用可能な表示形式変更効果を持つ。

 《E・HERO スパークマン》自体は《予想GUY》などで特殊召喚しやすく攻撃力もあるため、腐りにくい。
 また、同じ光属性戦士族E・HEROである《E・HERO プリズマー》効果《E・HERO スパークマン》になっていれば装備させることが可能。

 攻撃力守備力のいずれかが1600未満であれば、《E・HERO スパークマン》でそのまま戦闘破壊可能。
 アタッカーステータスがどちらかに偏っているものが多く、戦闘破壊できる範囲は広い。
 この他、ステータスの低いトークンとしている相手にも有効で、攻撃表示にしてダメージを与えやすい。
 他のモンスター戦闘破壊の補助や、効果使用後に《E・HERO スパークマン》を素材に出したエクシーズモンスター攻撃を通しやすくもできる。
 ただ、守備表示を持たないリンクモンスターに関しては通用しないため、第10期以降では有用性は下がってしまう。

 自分モンスター対象にして表示形式を変えることも可能。
 バトルフェイズ終了後に自分モンスター守備表示にすれば戦闘ダメージの回避も可能。
 《ドリーム・ピエロ》《ブレードラビット》の様な表示形式の変更がトリガーとなるモンスター効果を2回使うことも狙える。

  • 海外版は銃の色がピンク色に変更させられている。
    元々電子的な武器なのにもかかわらず修正されているのだが、理由は不明。
  • アニメではカード名が《スパーク・ガン》であり、イラストOCGに比べて90度傾いたようなものとなっていた。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:表示形式を変更する効果自分フィールドモンスター《E・HERO スパークマン》自身にも使用できますか?
A:はい、表側表示モンスターならば、対象モンスターコントロールに関係なく使用可能です。

Q:相手《E・HERO スパークマン》にこのカード装備させた場合、自分はこの効果を使えますか?
A:はい、使えます。
  相手モンスター装備しても、装備魔法コントローラー自分だからです。

Q:《マジック・ガードナー》カウンターが乗っているこのカードが3回効果を使用した場合、このカード破壊されませんか?
  破壊されない場合、好きなだけ効果を使えますか?
A:いいえ、その場合でも破壊されます。(12/09/26)

Q:《サイレント・ソードマン LV7》が存在する時にこのカードが3回効果を使用した場合、このカード破壊されませんか?
A:いいえ、その場合でも破壊されます。(12/10/18)

Q:《十二獣ラビーナ》エクシーズ素材としているエクシーズモンスター対象にこのカードの効果を3回発動し、3回全て《十二獣ラビーナ》の『●』の効果発動無効になった場合、このカード破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(16/12/29)


Tag: 《スパークガン》 魔法 装備魔法

広告