《セイヴァー・ミラージュ》

永続罠
(1):自分フィールドの表側表示の、「スターダスト・ドラゴン」またはそのカード名が記されたSモンスターが、
自分のカードの効果を発動するためにフィールドから離れた場合、
または自分のカードの効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
以下の効果から1つを選んで適用する。
このターン、自分の「セイヴァー・ミラージュ」の効果で同じ効果を適用できない。
●そのモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●相手のフィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外する。
●このターン、自分が受ける全てのダメージは半分になる。

 DAWN OF MAJESTYで登場する永続罠
 《スターダスト・ドラゴン》またはそのカード名が記されたシンクロモンスター自分カードの効果コストまたは効果処理の結果でフィールド離れた場合に3つの効果の内の1つを選んで適用する効果を持つ。

 《スターダスト・ドラゴン》かそのカード名が記されたシンクロモンスターフィールドに求められる。
 加えて、トリガー自分カードの効果発動のためか効果処理でフィールド離れた場合と指定されているので、単にシンクロモンスターと揃えただけでは機能しない。
 《スターダスト・ドラゴン》等が自身の効果フィールド離れるが、それらも相手依存のトリガーである。
 自分全体除去に巻き込む等の工夫をすれば能動的な発動が可能だが、必要なカードが増えるため、事故のリスクは高くなることは念頭に入れておきたい。
 なお、同じ効果は選べないが違う効果ならば同一ターン適用できるので、上手くいけば大きな見返りも得られるだろう。

 1つ目の効果トリガーとなったモンスター特殊召喚
 これによりフィールドががら空きになることを防げ、トリガーとなる効果には1ターンに1度の制限がないものも多いため、その効果の改めての発動を狙える。
 それらの効果を再発動できれば、改めてこのカードの効果発動できるため、とりあえず最初に発動しておくと良い。
 特に、その後自力では蘇生できない《セイヴァー・スター・ドラゴン》にとっては使い回しを狙える良いサポートカードになる。

 2つ目の効果相手フィールド墓地モンスター除外
 対象をとらない除外であり、優秀且つ汎用的に使える除去効果である。

 3つ目の効果はそのターン受けるダメージを半分にする効果
 悪い効果ではないのだが、上2つの効果と違いカード・アドバンテージにはつながらない。
 またダメージを減らしたい場面でも上2つのどちらかを使用し相手の盤面への干渉を狙った方がよいことも多く、積極的に使う機会はそれほど多くないだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《セイヴァー・ミラージュ》 永続罠

広告