《ダイノルフィア・フレンジー》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手メインフェイズに、LPを半分払って発動できる。
「ダイノルフィア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを、
デッキ及びEXデッキから1体ずつ墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):自分のLPが2000以下で、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、相手の効果で発生する自分への効果ダメージは0になる。

 DIMENSION FORCEで登場した通常罠
 ライフコストを払いデッキエクストラデッキから1体ずつ融合素材墓地へ送りダイノルフィア融合召喚する効果ライフ2000以下で相手効果の発動時に自身を墓地から除外する事で、そのターン効果ダメージを受けなくなる効果を持つ。

 (1)はダイノルフィア融合召喚する効果
 似た役割のカードとしては、同じくダイノルフィア融合召喚する《ダイノルフィア・ドメイン》が存在する。
 両者を比較した場合、あちらが手札デッキフィールドから任意のダイノルフィア融合素材に選べるのに対し、こちらはデッキエクストラデッキから1体ずつ融合素材を選ぶ必要がある。
 また、発動タイミングにも違いがあり、あちらが自分相手メインフェイズ発動できるのに対し、こちらは相手メインフェイズにしか発動できない。

 どちらも、デッキ融合によりディスアドバンテージなしで融合召喚できる点では同じだが、デッキ内に融合素材がなくなった場合に腐る点、自分メインフェイズ発動できないのはこちらの欠点。
 一方、融合モンスター融合素材に指定している《ダイノルフィア・レクスターム》を下準備なしで融合召喚できるのはこちらの利点である。
 その他、こちらはメインデッキから墓地へ送るダイノルフィアが1体なので、複数回デッキ融合を行っても、メインデッキダイノルフィアが枯渇するリスクが少ない。

 このようにどちらにも利点・欠点はあるが、【ダイノルフィア】融合モンスターの重要度が高いため、どちらも採用すると良いだろう。
 このカード《ダイノルフィア・ドメイン》の2種に加え、それらをデッキからセットできる《ダイノルフィア・テリジア》、その《ダイノルフィア・テリジア》サーチできる《化石調査》と合わせて、融合召喚に繋げるカードデッキ内に最大12枚用意できる。

 (2)については同じ効果を持つ《ダイノルフィア・ドメイン》を参照。

  • カード名にある「frenzy」は英語で「激昂」「狂乱」を意味する。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ダイノルフィア・フレンジー》 通常罠 ダイノルフィア

広告