《ティンクル・ファイブスター/Five Star Twilight》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターがレベル5モンスター1体のみの場合、
そのモンスターをリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「クリバー」「クリビー」「クリブー」「クリベー」「クリボー」を1体ずつ選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

 ANIMATION CHRONICLE 2021で登場した通常魔法
 レベルモンスターリリースして手札デッキ墓地より《クリバー》《クリビー》《クリブー》《クリベー》《クリボー》をそれぞれ特殊召喚する効果を持つ。

 発動条件はあるが、発動できれば最大で2:5交換と大きなカード・アドバンテージを得られる。
 アドバンス召喚にこそ使えないものの、それ以外には一切の制約は無いため多彩な運用が可能。
 それぞれの効果を用いてビートダウンを行う他、《ヴァレルエンド・ドラゴン》等のリンク5や、5体素材の《LL−アセンブリー・ナイチンゲール》等も一気に呼び出せる。
 エクストラデッキは圧迫するが、2体のランク1を経由する事で未来皇ホープ《No.100 ヌメロン・ドラゴン》《No.93 希望皇ホープ・カイザー》等にもアクセス可能。
 ファンデッキ構築にはなるが、《絶望神アンチホープ》特殊召喚もサポートできる。

 リリースコストには、特殊召喚しやすいもの、妥協召喚できるもの、レベルを変化できる下級モンスターモンスタートークンなど、事故にならないものを利用したい。
 【クリボー】で採用しやすいものとしては、同じく《クリバー》らをサポートする《クリバビロン》や、ランク5No.エクシーズモンスターを見せて特殊召喚した《アストラル・クリボー》などが挙げられる。
 また、《ジェネレーション・ネクスト》発動条件を満たしつつ特殊召喚できる《ガーベージ・ロード》サーチしやすくリリース後に《七精の解門》での蘇生《幻魔皇ラビエル》サーチを行える《暗黒の召喚神》も候補となるか。
 《簡易融合》《簡素融合》レベル融合モンスターを用意したり、レベル5のシンクロモンスターを併用してもよい。
 その他、具体的な候補については【ランク5】のページも参照。
 《融合派兵》レベル5をリクルートするのも手だが、エクシーズ召喚リンク召喚が封じられる点は注意。

 難点としては、コスト特殊召喚先・その関連カードと必要なカードが多いため、デッキスペースを圧迫する点だろう。
 それぞれのモンスター手札に来ても活用はできるので邪魔にはならないが、アドバンテージの獲得を狙うのならばデッキ墓地からの特殊召喚を狙いたい。
 また、発動チェーンされて1ヵ所でもメインモンスターゾーンを潰されると効果処理が行えない点も注意。

関連カード

イラスト効果関連

収録パック等


Tag: 《ティンクル・ファイブスター》 魔法 通常魔法

広告