《デスピアの導化(どうけ)アルベル/Aluber the Jester of Despia》

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守   0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

 DAWN OF MAJESTYで登場した闇属性天使族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に烙印魔法・罠カードサーチできる誘発効果融合モンスター相手効果または戦闘破壊された場合に自身を自己再生して相手モンスター1体の効果無効化する誘発効果を持つ。

 (1)は召喚・特殊召喚に成功した場合の烙印魔法・罠カードサーチ
 烙印デスピアは共に融合モンスターに関わるカテゴリであり、融合召喚を行える《白の烙印》《赫の烙印》《烙印劇城デスピア》サーチの有用性は高い。
 既に融合モンスターが存在する場合は他のカードサーチして守りを固めたい。
 デッキや状況にもよるが、相手ターン中の融合召喚が狙える《赫の烙印》融合モンスター蘇生帰還ができる《烙印凶鳴》、このカードリクルートする手段である《烙印開幕》
 《アルバスの落胤》を採用しているなら《烙印の気炎》《烙印の絆》も候補か。

 (2)は自己再生相手モンスター効果無効化。
 トリガー自爆特攻でも満たせなくは無いが、基本的には相手除去された場合の保険や牽制としての使い道となる。
 自己再生後の除外デメリットも無いので、1枚墓地に用意できれば相手を常に牽制できる。
 なお(1)の効果とは1ターンに1度いずれかしか発動できないため、この効果蘇生したこのカードは(1)を発動することはできない。

 レベル8以上の融合モンスターを用いるデッキの場合、《烙印劇城デスピア》《烙印開幕》とのシナジーが強く、出張採用が考えられる。
 このカードで両者を直接サーチでき、《烙印開幕》はこのカードリクルートしつつ融合モンスター身代わりになり、《烙印劇城デスピア》融合召喚融合モンスター蘇生を狙える。

  • 導化(どうけ)は、ピエロ・滑稽者を指す「道化(どうけ)」から来ている造語と思われる。
    英語名では単純に「Jester/道化師」となっている。

関連カード

―《デスピアの導化アルベル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《デスピアの導化アルベル》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 天使族 攻1800 守0 デスピア

広告