《ドドレミコード・クーリア/DoSolfachord Coolia》

ペンデュラム・効果モンスター
星8/風属性/天使族/攻2700/守2500
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚成功時に
相手はモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。
【モンスター効果】
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドのPモンスター2体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を相手ターン終了時まで無効にする。
自分のPゾーンに奇数のPスケールが存在する場合、この効果の対象を2枚にできる。
(3):自分のPゾーンの一番高いPスケール×300以下の攻撃力を持つフィールドのモンスターの効果が発動した時に発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 デッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズで登場した風属性天使族最上級ペンデュラムモンスター
 以下の1つのペンデュラム効果と3つのモンスター効果を持つ。

 ペンデュラム効果上級最上級ドレミコードに共通する、ドレミコードモンスターが「ペンデュラム召喚に成功した」タイミングで相手魔法罠カードモンスター効果発動を封じる効果
 これによりペンデュラム召喚に成功した場合の効果だけでなく、フリーチェーン効果もそのタイミングで発動することで妨害を回避できる。
 ただし、既に表側表示で存在する魔法・罠カード効果の発動は可能であるので注意。
 また、ペンデュラム召喚自体を《神の警告》などで妨害されることもこの効果では防げない。
 この欠点はドレミコードペンデュラム召喚無効化されなくなる下級ドレミコードペンデュラム効果と併用することで補える。

 (1)のモンスター効果は自己特殊召喚効果
 ペンデュラム召喚は下準備さえ整えばノーコストでの複数展開を繰り返せるとはいえ、2体リリースは決して軽くはない。
 《ドレミコード・ハルモニア》等でペンデュラムスケールを9に変更して、このカード自体のペンデュラム召喚を狙うほうが消費も軽くなりやすい。
 また《ケンドウ魂 KAI−DEN》など汎用的なペンデュラムスケール9も存在するため、この効果を使うことは少ないだろう。
 《ラドレミコード・エンジェリア》リクルートする手もある。

 (2)のモンスター効果相手フィールドのカード無効化。
 起動効果であるためフリーチェーン効果には弱いものの、相手カード無効化することで妨害を防げる。
 相手ターンまで無効化が続くため、次のターンへの妨害にもなる。
 またペンデュラムスケールが奇数のカードペンデュラムゾーンにある場合2枚を対象にできるため、それを満たすペンデュラムモンスターを多めに採用しておけばより活きるだろう。

 (3)のモンスター効果効果発動したモンスター破壊
 ペンデュラムスケールによって破壊できるモンスターの範囲が決まり、3000を超えるような大型モンスター破壊は少々難しい。
 それでも自分ターンでは《ドレミコード・ハルモニア》と併用すれば攻撃力2700以下の除去は可能であり、2100以下なら下級モンスターの大半は破壊できる。
 展開の出鼻を挫く制圧カードにもなり得るが、効果自体は通してしまうので上手く機能するかは相手にも依存するか。

  • 「クーリア」は「冷静な」「冷淡な」という意味を持つ「クーリー/Coolly」からか。
    • イラストの腰元あたりにト音記号を模したデザインのアクセサリーが付いている。

関連カード

―《ドドレミコード・クーリア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ドドレミコード・クーリア》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星8 風属性 天使族 攻2700 守2500 スケール1 ドレミコード

広告