《ドラグマ・ジェネシス》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):除外されている自分または相手の融合・S・X・リンクモンスター1体と、
そのモンスターと同じ種類(融合・S・X・リンク)の相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その除外されているモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、
その相手フィールドのモンスターの効果を無効にする。

 BLAZING VORTEXで登場した通常罠
 除外された融合シンクロエクシーズリンクモンスターエクストラデッキに戻し、その同じカードの種類モンスター効果無効にする効果を持つ。

 除外したモンスターサルベージモンスター1体の効果無効が行える。
 ただし同じカードの種類しか対象にできず、1体のモンスター効果無効化ならメインデッキ効果モンスターにも対応できる《禁じられた聖杯》の方が遥かに使い勝手が良い。
 ターンを跨いで無効化が持続すると考えても《デモンズ・チェーン》という手もある。

 ドラグマカードなので《教導の聖女エクレシア》サーチできる利点はある。
 除外する方法についても、《教導の大神祇官》《中生代化石騎士 スカルナイト》墓地に置き、あちら自身の効果除外すれば融合モンスター無効にでき、再利用も可能になる。
 《教導枢機テトラドラグマ》特殊召喚の手順で該当モンスター4種類を除外すれば、いずれのモンスターにも対処可能になる。

 相手特殊召喚方法が限られているならそれに対するメタカードとして運用はできる。
 《インヴィンシブル・ヘイロー》コストにしたカードを戻せば2ターンに渡っての妨害が可能となる。

 相手カードを利用するならば《カクリヨノチザクラ》《魔海城アイガイオン》等を使いたい。
 1枚でも除外できれば、そのカードの種類に対する牽制が行える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ドラグマ・ジェネシス》 通常罠 ドラグマ

広告