《ヌメロン・ネットワーク/Numeron Network》

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに、発動条件を満たしている「ヌメロン」通常魔法カード1枚を
デッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「ヌメロン」XモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、
X素材を取り除かずに発動する事もできる。

 COLLECTION PACK 2020で登場したフィールド魔法
 デッキ内のヌメロン通常魔法コピーする効果ヌメロンエクシーズモンスターモンスター効果の発動に必要なエクシーズ素材の消費を0にできる効果を持つ。

 (1)はデッキヌメロン通常魔法効果発動する効果
 対応するのは現在《ヌメロン・ダイレクト》《ヌメロン・カオス・リチューアル》《RUM−ヌメロン・フォース》《RDM−ヌメロン・フォール》となっている。
 【ヌメロン】では基本的に(2)の効果を活かせるヌメロンエクシーズモンスターを展開する《ヌメロン・ダイレクト》を使うことになるだろう。
 あちらの発動条件フィールドモンスターが存在しない場合なので、《ヌメロン・ウォール》でこのカード発動した場合でもすぐにつなげられる。

 《ヌメロン・カオス・リチューアル》発動さえできれば性能の高い《CNo.1000 夢幻虚しんヌメロニアス》を出せるが、発動条件が難しいので【ヌメロン】でも採用には一考を要する。
 《RUM−ヌメロン・フォース》は他のカードの効果無効にして攻めに強くなり、フィールド魔法サーチが実質的なRUMサーチとしても機能する。
 しかし、このカード効果無効になるため次のターンに支障があり、RUM自体も【ヌメロン】とは相性が良いとは言い難いので、主に他のデッキへの出張セットとして使う事になるだろう。
 《RDM−ヌメロン・フォール》の場合は使い所が難しく、【希望皇ホープ】で使用が難しいので現実性は薄い。

 (2)はヌメロンエクシーズモンスターエクシーズ素材を使う効果を消費なしで使用可能にする効果
 《ヌメロン・ダイレクト》を使う場合ほぼ必須となる効果である。
 ゲート・オブ・ヌメロンエクシーズモンスターの他、《No.100 ヌメロン・ドラゴン》にも対応している。
 なお適用するかは任意であり、墓地へ送りたいエクシーズ素材がある場合などは通常通りエクシーズ素材を取り除くことも可能。

 自身の効果通常魔法と同じにするだけで、効果処理時に存在しない場合適用されない永続カードの性質はそのままである。
 《幽鬼うさぎ》《サイクロン》チェーンされると展開できなくなる。

  • アニメのテキストは以下の通り。
    フィールド魔法
    相手のドローフェイズ時に自分フィールド上にカードが存在しない場合、
    このカードは手札から発動できる。
    1ターンに1度、自分フィールド上にこのカード以外のカードが存在しない場合、
    自分のデッキの「ヌメロン」と名のついたカード1枚を選択し、そのカードの効果を得る。
    その後、選択したカードを墓地へ送る。
    この効果は相手ターンでも発動できる。
    このカードがフィールド上に存在する限り、
    「ヌメロン」と名のついたモンスターエクシーズが エクシーズ素材を取り除いて効果を発動する場合、
    エクシーズ素材を取り除かなくてもよい。
    効果コピーできるのがヌメロン通常魔法に限定され弱体化している。
    相手ターン手札から発動できる効果もなくなっているが、《ヌメロン・ウォール》を使えば再現できる。
  • この戦術をドン・サウザンドは「事実を書き換える」と称している。
    COLLECTION PACK 2020の公式サイトでも「『ヌメロン』の力でデュエルの歴史を書き換えよ!」と強調されているあたり、公式でも意識はしているようだ。
    当然だが、OCGでは上記の通り効果が変更され、「ヌメロン・リライティング」カードOCG化されていないので、アニメの様な相手カードを書き換える行為はできない。
  • このカードの存在は「遊馬&ナッシュvsドン・サウザンド」戦の最中にアストラルが気づいたことで発覚しており、「ミザエルvsドン・サウザンド」戦では発動宣言すらされていない。
    ドン・サウザンドは先攻ターン目で何もせずにターンエンドしたのに、返しのミザエルのターンに突如として発動していないカードが登場する結果となり、作中人物の度肝を抜いた。
  • ドン・サウザンドは所在不明の「ヌメロン・コード」の力を行使するために地上世界ごとバリアン世界と融合させてその力を取り込んでおり、地上世界にこのカードのネットワークを展開することでその力を引き出していた。
    • そのためデュエル中のこのカードフィールドに存在しておらず、破壊しようにも効果の対象にできなかった。
      また、このカードを回収すると莫大なエネルギーが逆流し、地上世界にも大きな影響を与えかねなかった。
      劇中ではエリファスがそのエネルギーを受け止めつつアストラルがカードを回収した事でフィールドに現われ、《海底噴火》での除去に繋がった。
  • イラストには決戦の舞台となったバリアン世界中心部が描かれており、中央の植物型の構造体はドン・サウザンドが使用するNo.1〜4のニュートラル体である。

関連カード

サポートカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《ヌメロン・ダイレクト》墓地へ送って《ヌメロン・ネットワーク》の(1)の効果発動しました。
  《ヌメロン・ダイレクト》の「この効果の発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを召喚・特殊召喚できない。」は適用されますか?
A:ご質問の場合、「この効果の発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを召喚・特殊召喚できない」効果適用されます。
  よって、《ヌメロン・ネットワーク》の効果処理後から、自分は1回しかモンスター召喚特殊召喚ができなくなります。(20/06/20)


Tag: 《ヌメロン・ネットワーク》 魔法 フィールド魔法

広告