《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード−ネオテンペスト》

リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
サイバース族モンスター3体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
バトルフェイズ中に相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
デッキ・EXデッキからサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。
このカードは、墓地へ送ったそのモンスターと同じ属性としても扱い、攻撃力が2500アップする。
(3):このカードは1度のバトルフェイズ中に、このカードの属性の種類の数までモンスターに攻撃できる。

 HISTORY ARCHIVE COLLECTIONで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 バトルフェイズ相手発動したモンスター効果無効化する永続効果お互いターンデッキエクストラデッキからサイバース族墓地へ送り、自身をその属性としても扱い、自己強化する誘発即時効果、自身の属性の種類の数までモンスター攻撃できる永続効果を持つ。

 (1)はバトルフェイズ中に発動された相手モンスター効果無効にする効果
 これにより戦闘を安定させられるが、《邪神アバター》のような発動を伴わないモンスター効果魔法・罠カード効果には対応できない。

 (2)はサイバース族デッキエクストラデッキから墓地へ送り、そのモンスターと同じ属性を自身に追加しつつ攻撃力を2500強化する効果
 単純な墓地肥やしにもなる他、《斬機マルチプライヤー》墓地へ送る事で大幅な強化を狙えるなどコンボ性も高い。
 さらに属性を追加する事で(3)による連続攻撃の回数を1回増やせる。
 1度の発動だけでも攻撃力5500の2回攻撃相手ターンには攻撃力8000にまで到達できるため、戦闘にはかなり強い。

 (3)は自身の属性の数までモンスター攻撃できる効果
 上述の通り(2)により実質的に強化と同時に攻撃回数を増やせる。
 ただしモンスターにしか攻撃できない点は注意。

 (2)はお互いターン発動可能なので、出した次のターンまで維持できれば、攻撃力10500でモンスターに対して4回攻撃が可能な驚異的なモンスターとなる。
 だが、リンク素材重さに反して効果耐性が実質無いのは大きな欠点であり、他のカードと併用しない限り、高確率で出したターンか返しのターン除去されるだろう。
 また、(1)により手札誘発によるコンバットトリック等は防げても魔法・罠カードによる除去コンバットトリックは防げないのも欠点。

 一応、出したターンでも攻撃力5500の2回攻撃にはなるが、それならばこちらよりもリンク数・縛り共に軽く、複数枚の除去も可能な《アクセスコード・トーカー》という選択肢がある。
 エクストラデッキも含めた墓地肥やしを行える点にも着目できるが、それを主目的にリンク5のこのカードを採用するのも効率が悪い。
 上記の《斬機マルチプライヤー》とのコンボならば出したターンでの勝利も十分に狙えるため、それを狙った運用が良いだろう。
 一応、汎用性が高く《アクセスコード・トーカー》では分が悪い《双穹の騎士アストラム》を完封できる利点もある。

 他の高リンクサイバース族《アクセスコード・トーカー》《双穹の騎士アストラム》などと異なり、リンク召喚以外での特殊召喚時も全ての効果を使うことができる。
 《サイバネット・ストーム》で他のサイバース族リンクモンスター共々特殊召喚を狙うなら優先してもいいだろう。
 (2)がバトルフェイズでも発動可能なので、自爆特攻トリガーにあちらを発動した場合でも、そのバトルフェイズ中に即座に自己強化できる点では噛み合いが良い。

  • 原作・アニメにおいて―
    カード名の「ネオテンペスト」はアニメVRAINSにおける《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》攻撃名。
    初登場の「遊作/Playmaker vsボーマン」(4戦目)ではイグニスの名前を冠した「ネオテンペスト・アース」等といった攻撃名となっており、とどめは「ネオテンペスト・エンド」に変化した。
    「vs Ai」戦においては「ネオテンペスト」で統一されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード−ネオテンペスト》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク5 闇属性 サイバース族 攻3000 ファイアウォール

広告