《ファラオニック・アドベント》

効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2000/守2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの攻撃力は、お互いのフィールド・墓地の永続罠カードの数×300アップする。
(3):自分フィールドの天使族・悪魔族・爬虫類族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから永続罠カード1枚を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

 PHARAONIC LEGEND PACKで登場した闇属性魔法使い族最上級モンスター
 自分モンスター1体をリリースして特殊召喚する起動効果お互いフィールド墓地永続罠の数×300自己強化する永続効果天使族悪魔族爬虫類族のいずれかをリリースして永続罠サーチする起動効果を持つ。

 (1)は手札からの自己特殊召喚効果
 最上級モンスターだがこれにより比較的消費を抑えて展開できる。
 比較的緩い条件で特殊召喚できるので、【ランク8】に投入するのもいいだろう。

 (2)は自己強化効果
 相手依存では安定しないため、この強化を当てにするなら永続罠を多めに採用しておきたい。

 (3)は永続罠サーチ効果
 リリースコスト種族天使族悪魔族爬虫類族に限定されており、それらと共にフィールドに並べる必要がある。
 モンスター2体からリンク召喚できる《魔界の警邏課デスポリス》《ミス・ケープ・バーバ》なども存在するため、それらを用いれば広いデッキで利用できる。
 ただし、(1)で自己特殊召喚し、それらも並べるとなると相応の展開力が要求される点は注意。
 《宣告者の神巫》ならば、(1)でリリースしても後続の天使族特殊召喚できる。
 永続罠には強力なカードも多く2体分のモンスターリリースしても十分リターンを得やすい。
 例えば《虚無空間》《スキルドレイン》サーチすれば、次のターン相手除去カードなしでは殆ど動けなくなるだろう。
 その後の特殊召喚は行えなくなるものの、展開後に発動すれば良い。
 種族を任意に決められる《量子猫》《鏡像のスワンプマン》ならリリースを用意しやすい上、永続罠のため噛み合っている。

 《No.60 刻不知のデュガレス》でこのカード蘇生したり、《ファントム・オブ・カオス》コピーすれば即座に(3)を発動できる。

 リリースコストを必要とする2種類の効果《悪王アフリマ》サーチに対応するステータスを持つため、【闇黒世界−シャドウ・ディストピア−】とも相性が良い。
 上述するような汎用性の高い永続罠と共に採用してしまってもよいだろう。
 なおシャドウトークンを(3)のコストとする事もできるが、生成がエンドフェイズと遅いのが難点。

  • 原作・アニメにおいて―
    イラストのモデルは原作・アニメDMの「記憶編」にて登場したハサンだろうか。
    アテムの父・アクナムカノン王が自身の魂を捧げて記憶の石板に封印した精霊であり、(1)の効果はそれを意識したものと思われる。

関連カード

―(2)の類似効果

収録パック等


Tag: 《ファラオニック・アドベント》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 魔法使い族 攻2000 守2000

広告