《ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3200/守2800
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはS召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分のフィールド・墓地から、Sモンスターのチューナー1体と
「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):相手がモンスターの効果を発動する度に、このカードに黒羽カウンターを1つ置き、相手に700ダメージを与える。
(2):相手ターンに、黒羽カウンターが4つ以上置かれているこのカードをリリースして発動できる。
フィールドのカードを全て破壊する。

 DARKWING BLASTで登場する闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚及び特定の方法でのみ特殊召喚できる召喚制限相手モンスター効果発動トリガーに、自身に黒羽カウンターを1つ置き、700バーンを与える効果相手ターンに4つ以上の黒羽カウンターが置かれた自身をリリースする事で全体除去を行う効果を持つ。

 通常のシンクロ召喚については、レベル縛りが共通する《白闘気双頭神龍》も参照。
 【BF】では《BF−魔風のボレアース》チューナー扱いのA BFシンクロ素材に使用しやすいだろう。
 また、フィールド墓地からシンクロチューナー《ブラックフェザー・ドラゴン》除外した場合でも特殊召喚は可能。
 墓地モンスター除外すればディスアドバンテージを抑えて特殊召喚でき、蘇生制限を満たしていないものなら除外しても惜しくない。
 《BF−雪撃のチヌーク》エクストラデッキからBFシンクロチューナー《ブラックフェザー・ドラゴン》を直接墓地へ送れるので相性が良い。
 特殊召喚の回数に制限がないので、《轟雷帝ザボルグ》等で複数枚を直接墓地へ送る除外後に《異次元からの埋葬》等で墓地に戻すことで同一ターンに複数体の展開も可能。
 《原始生命態ニビル》全体除去を受けた際、フィールドをがら空きにせずに済むのは利点。
 ただ、前者については《ブラックフェザー・ドラゴン》シンクロチューナーを用意する前に発動されると弱いため過信はできない。

 (1)は自身に黒羽カウンターを置いた上での700バーン
 トリガー自体は緩いので発動は容易く、1ターンに1度の制限も無いため、相手デッキ次第では1ターンにかなりの回数の発動も狙える。
 1回あたりのダメージ量では大したものでもないが、何度も発動できれば馬鹿にならないダメージ量となり、残りライフが少ない状況では相手の動きを十分に牽制できよう。
 4回以上発動すれば3000以上のダメージとなるだけでなく、(2)の発動準備も整う。

 ただし、モンスター効果自体は止められず、3回目以内の効果でこのカード自身が除去無効化を受ける危険性も十分にある。
 また、魔法・罠カードに対しても無力だが、この点は自身に置かれた黒羽カウンターを利用した《ブラック・ノーブル》との併用で補える。
 いずれにせよ、維持を狙って大量のバーンを目論むならば他のカードとの併用が望ましいと言える。
 1ターンに1度だけだが、《黒羽の旋風》は自身に置かれた黒羽カウンターを消費して破壊から守れるため相性が良い。

 (2)は相手ターンに自身をリリースしての全体除去
 黒羽カウンターが4つ以上置かれたという条件は、(1)を4回以上発動する事で満たせる。
 フリーチェーンも相まって強烈な牽制力を持ち合わせるが、このカード重さを考慮すると使い処は熟慮したい。
 効果無効化を受けようものならば大損となってしまうため、カウンターには注意。
 また、自分カード破壊されるので相手が体勢を立て直すと一気にゲームエンドまで持っていかれる可能性がある。
 できれば《BF−フルアーマード・ウィング》《A BF−神立のオニマル》と並べてモンスターを残しておきたい。

  • カード名の「アサルト」は、アニメARC-Vでクロウが使用したA BFを意識したものだろう。
    あるいは、クロウがチームサティスファクション時代に「自ら先陣を切る(=敵に強襲する)」という意味で「鉄砲玉のクロウ様」と自称していたことから来ているのかもしれない。
  • 商品ポップに記載されているシンクロ召喚の口上は「黒き旋風よ!気高き誇りをその翼に顕現せよ!シンクロ召喚!解き放て!《ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン》!」

関連カード

―類似効果

―《ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ブラックフェザー・アサルト・ドラゴン》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星10 闇属性 ドラゴン族 攻3200 守2800

広告