《ブリザード》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。
このターン、そのカード及びそのカードと元々のカード名が同じ魔法カードが
フィールドで発動する効果は無効化される。
このターン中に対象のカードが相手の墓地へ送られる場合、
墓地へは行かず相手の手札に戻る。

 RISE OF THE DUELISTで登場する速攻魔法
 対象とした相手魔法カード及びその同名カードフィールド発動した効果無効にし、対象カード墓地へ送られる場合に手札戻す効果を持つ。

 魔法カード発動する場合は処理が終了するまでフィールド表側表示で存在し続けるため、発動した魔法カード対象チェーンしてこのカード発動でき、そのカード効果無効化できる。
 ただし、無効になるのは「フィールド発動する効果」のみであり、永続魔法などの表側表示で存在する限り適用される効果については無効にならない。
 対象にしたカード同名カードでも、墓地除外ゾーンで発動する効果無効化できない。

 発動自体は無効にしないため、効果無効でも制約は適用される。
 コストを伴うカードであればディスアドバンテージを負わせることも可能。

 対象カード墓地へ送られる場合手札に戻ってしまうため次のターンに再び使われるが、1ターンの間は特定の魔法カードを遅延させることが可能。
 《炎舞−「天キ」》のように、永続魔法フィールド魔法カードの発動時に効果処理を行うものであれば、他の効果バウンス等しない限り封じられたも同然となる。

 手札誘発メタとして使用されることの多い《墓穴の指名者》《抹殺の指名者》を封じ、攻め込み易くなる。
 また同名魔法カードを複数回発動することの多い【閃刀姫】には有用なメタカードとして働く。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ブリザード》 魔法 速攻魔法

広告