《ホーリーナイツ・オルビタエル/Starry Knight Orbitael》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 400/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、デッキから「ホーリーナイツ」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドの表側表示のドラゴン族・光属性・レベル7モンスターが手札に戻った場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 BURST OF DESTINYで登場した光属性天使族下級モンスター
 光属性リリースしてホーリーナイツ魔法・罠カードデッキからフィールドセットできる誘発即時効果ドラゴン族・光属性・レベル7モンスター手札バウンスされた場合に自己再生できる誘発効果を持つ。

 (1)は光属性リリースホーリーナイツ魔法・罠カードサーチ
 使用の際には、コスト効果の分類が同一の《ホーリーナイツ・アステル》のページも参照するとよい。
 こちらはホーリーナイツ魔法・罠カードサーチであり、直接セットするので《灰流うらら》等の妨害は受けずに済む。
 一方で魔法・罠除去に弱く、特に相手ターン発動した場合はセットカードがそのターンに使えないので、より一層除去に気を付けなければならない。
 単にサーチするのならばコストが必要ない《ホーリーナイツ・レイエル》も存在する事も意識すべきだろう。
 こちらは召喚直後に自身をリリースして墓地に置けるため、下記の(2)の下準備に繋げられるのが利点となる。
 《聖なる篝火》セットすればすぐに使え、相手フィールド闇属性が存在すればドラゴン族・光属性・レベル7モンスターを展開できる。

 (2)はドラゴン族・光属性・レベル7モンスターバウンストリガーとした自己再生
 【ホーリーナイツ】では《ホーリーナイツ・シエル》《ホーリーナイツ・フラムエル》等の効果で能動的にバウンスする機会が多く、発動は狙いやすい。
 除外デメリットも無いため、エクシーズ素材にせずとも毎ターン発動も視野に入る。

  • 「オルビタエル」は、ローマ法王が復活祭の時期とクリスマスの時期に毎年行う大規模祝福儀式「ウルビ・エト・オルビ」とヘブライ語で神・最高神の呼称である「el」を合わせた造語か。

関連カード

―《ホーリーナイツ・オルビタエル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ホーリーナイツ・オルビタエル》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 天使族 攻400 守2100 ホーリーナイツ

広告