《マジックカード「クロス・ソウル」》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):モンスター1体のアドバンス召喚を行う。
その際、自分フィールドのモンスターの代わりに相手フィールドのモンスターをリリースする事もできる。
この効果でアドバンス召喚したモンスターはこのターン、リリースできない。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
相手はこのカードの(1)の効果を適用できる。

 Vジャンプ(2024年4月号) 付属カードで登場した通常魔法
 相手モンスターリリースしてモンスター1体をアドバンス召喚できる効果フィールドから墓地へ送られた場合に相手がこの効果適用できる効果を持つ。

 (1)はアドバンス召喚を行う効果であり、リリース相手モンスターも利用できる。
 類似する《クロス・ソウル》《帝王の烈旋》などと違い相手モンスター2体以上のリリースも可能であること、アドバンス召喚する効果であるため実質的な召喚権の追加になることといったメリットがある。
 更にそれらの持つような展開・行動を制限されるデメリットも存在しない。
 2体以上をリリースしてアドバンス召喚する際、自分モンスター相手モンスターの両方をリリースする事も可能。
 相手モンスターを利用するか否かは任意であるため、召喚権を追加するためだけに使ってもいい。

 上級モンスターなら1体、最上級モンスターであれば2体、三幻神三邪神等なら3体ものモンスター除去しつつアドバンス召喚ができる。
 《光神機−轟龍》《神獣王バルバロス》等はリリース数を任意で切り替えできるため、除去目的で採用する場合は小回りが利く。
 《守護神エクゾディア》も同様に2体または5体の切り替えができ、5体リリースは単体でアドバンス召喚リリースできる数の最大となる。
 事前に《No.4 猛毒刺胞ステルス・クラーゲン》《DNA移植手術》水属性に変更する必要があるが、《雲魔物−ニンバスマン》なら相手モンスターが何体でも任意の数だけリリースしてアドバンス召喚が可能となる。
 《霧の王》とも相性が良くリリース数を1〜2体から選べて相手モンスターによっては高攻撃力になる他、《霧の王》効果で(2)のデメリットも封じられる。

 アドバンス召喚したモンスターに付与されるリリース耐性により、(2)でのリリースを防げる。
 その他、《原始生命態ニビル》リリースされないという副次的な利点もある。
 全体的にはメリットの方が大きいのだが、最上級帝《ビッグ・ホエール》《ミノケンサテュロス》等のアドバンス召喚したモンスターを更にリリースする戦術とは相性は悪い。
 また、相手ターンには耐性が消えるため、壊獣等への対策にはならない。

 (2)はデメリットであり、このカードフィールドから墓地へ送られた場合、相手も(1)を使用できてしまう。
 発動後に効果処理を終え墓地へ送られたことでもこのトリガーとなるため、実質的にはお互いにアドバンス召喚を行う効果となる。
 フィールドから墓地へ送られた場合のためそもそも墓地に送らせない《マクロコスモス》を併用したり、発動チェーンして《妖精伝姫−シラユキ》コストにするなどの方法で回避することは可能。
 当然ながら、ブラフとしてセットするのはあまりに悪手となる。
 《魔封じの芳香》《原罪のディアベルゼ》等はセットを強いられて除去される危険性があるため天敵となる。
 なお、カードの発動を無効にされた場合はフィールドから墓地へ送られたことにならないので、この効果発動することはない。
 しかし、《マジシャンズ・ナビゲート》の(2)等で効果を無効《魔術師の右手》等の発動した効果を無効にされた場合は通常どおりフィールドから墓地へ送られたことになるので注意が必要である。

 相手にも活用されてしまうと言っても、そもそもアドバンス召喚を積極的に行うデッキと遭遇することは少ない。
 とはいえ、特殊召喚前提の上級モンスターなら珍しくなく、《原始生命態ニビル》ビーステッド等の汎用性の高い上級モンスターも一部いるため、それらをアドバンス召喚することで自分モンスターリリースされることは十分に考えられる。
 フィールドに(1)でアドバンス召喚したモンスター以外が存在しなければ、基本的には(1)の追加耐性により適用を封じられる。
 【クシャトリラ】のような最上級モンスター主体でレベル5・6は乏しい相手なら、もう1体まではモンスターがいてもリリース不足に持ち込める。
 なお、(2)にチェーンして《月の書》等を使用されると、裏側守備表示になった場合はリリース耐性が消える為(24/02/21)、リリースされる恐れがある。
 相手デッキ構成を読み、自分モンスター数も意識しつつの運用となる。
 相手モンスターだけ余っている状況は、普通のデッキ相手なら問題ないが、アドバンス召喚軸が相手の場合は危険である。
 三幻神アドバンス召喚する場合、あちらの共通効果によりアドバンス召喚時にはお互い効果発動できないのでこちらの(2)を誘発させない。

関連カード

カード名関連

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《マジックカード「クロス・ソウル」》 魔法 通常魔法

広告