《マスターフレア・ヒュペリオン》

シンクロ・効果モンスター
星10/光属性/天使族/攻3200/守2600
チューナー+チューナー以外の天使族モンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「代行者」モンスター1体または「天空の聖域」のカード名が記されたモンスター1体を
手札・デッキ・EXデッキから墓地へ送って発動できる。
エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
(2):相手がカードの効果を発動した時、自分の手札・墓地から天使族モンスター1体を除外し、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

 ストラクチャーデッキR−ロスト・サンクチュアリ− 太陽神光臨パックで登場する光属性天使族シンクロモンスター
 代行者または《天空の聖域》テキストに記されたモンスター手札デッキエクストラデッキから墓地へ送る事でそのカード名効果コピーする効果相手効果の発動時に手札墓地から天使族除外してフィールドのカード除外する効果を持つ。

 非チューナー側に縛りはあるが、元々このカードの性能から【天使族】【代行者】)での採用となるので縛りは自然と満たせるだろう。
 チューナーに自身のレベルを上げられる《宣告者の神巫》を用いれば、下級モンスター同士でのシンクロ召喚も狙いやすい。
 《宣告者の神巫》《トリアス・ヒエラルキア》墓地へ送った後に、《宣告者の神巫》リリースして《トリアス・ヒエラルキア》特殊召喚し、レベルチューナーリクルートすれば1枚からのシンクロ召喚も可能。
 あるいは《堕天使スペルビア》レベル天使族チューナー蘇生するのも手か。
 代行者関連でシンクロ召喚を狙うのならば、レベルチューナー《神秘の代行者 アース》と、特殊召喚効果を持つレベル8の《マスター・ヒュペリオン》《マジェスティ・ヒュペリオン》が合わせやすいか。
 手札フィールド墓地に他の代行者がいる状態で《神秘の代行者 アース》召喚すれば、《マスター・ヒュペリオン》サーチから特殊召喚に繋がり、このカードシンクロ召喚が行える。

 (1)は墓地へ送ったモンスターカード名効果コピー
 手札デッキエクストラデッキから選べるので、墓地肥やしとしては墓地へ送るモンスターが存在しない事はまず無いだろうが、使いたい効果を持つモンスターが残っていないことがあり得る。
 サーチ効果特殊召喚効果を持つ《天空神騎士ロードパーシアス》、回数制限のないリクルート効果により大量展開が可能な《創造の代行者 ヴィーナス》等はコピーする価値も高い。
 特殊召喚が難しいが全体除去効果を持つ《大天使ゼラート》も有力候補であり、あちらの召喚条件重さを無視して効果のみを利用できる。
 ただ、エンドフェイズまでしかもたないので、《天空聖者メルティウス》のようなできれば維持をしたいモンスター効果は扱いにくい。

 (2)はフィールドのカード除外
 トリガー相手効果の発動と非常に緩く、コストもこのカードシンクロ素材に用いた天使族や(1)のコストとして落としたものを使えば無駄がない。
 緩いとはいえ発動条件を持つ関係上、汎用除去として扱うよりは相手の行動を牽制・妨害する効果だと認識しておくと良い。
 また、トリガーとした効果そのものは無効化できないため、除去そのものを防ぐことはできない。

  • ヒュペリオンが太陽神の名前であることを考えると、カード名の「フレア」は「太陽フレア」が由来と考えられる。
    「太陽フレア」は「太陽面爆発」とも呼称される太陽において発生する恒星の爆発現象で高度な電磁波を伴う。

関連カード

収録パック等


Tag: 《マスターフレア・ヒュペリオン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 天使族 攻3200 守2600 ヒュペリオン

広告