《マッドマーダー》

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻 400/守 200
このカード名の(2)の効果1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ゾンビキャリア」として扱う。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル6以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを2つ下げ、このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 DIMENSION FORCEで登場した闇属性アンデット族下級モンスターチューナー
 フィールド墓地カード名《ゾンビキャリア》として扱うルール効果自分フィールドレベル6以上のモンスターのレベルを2つ下げて自己再生する起動効果を持つ。

 (1)はカード名《ゾンビキャリア》として扱う効果
 《ゾンビキャリア》シンクロ素材に指定するシンクロモンスターシンクロ召喚に役立つ。
 《ペインペインター》に比べるとこちらは墓地でもカード名が変化するため、《継承の印》等の使用時に違いが生じる。

 (2)はレベル6以上のモンスターレベルを2つ下げての自己再生
 自身がチューナーであるため、対象としたモンスターと同レベルシンクロ召喚を行える。
 ただし自身が存在する限りアンデット族以外の特殊召喚は封じられるため、シンクロ召喚先はアンデット族に限定される。
 召喚したこのカードレベルアンデット族《デスカイザー・ドラゴン》シンクロ召喚を行い、それを対象とすれば2体目の《デスカイザー・ドラゴン》シンクロ召喚が可能となる。
 あちらの特殊召喚成功時効果を1ターンに2度使用できるので狙ってみるのも良いだろう。
 ただし、《デスカイザー・ドラゴン》効果蘇生した相手モンスター《デスカイザー・ドラゴン》フィールドから離れた場合に破壊されてしまう為、何かしらの素材に使用してから2体目のシンクロ召喚を行いたい。

  • 「マッド」は狂人・気狂いを意味し、「マーダー」については《マーダーサーカス》を参照。
    いずれにしても好ましくない表現が含まれているモンスターである。
    また、カード名やピエロの様なイラストから、あちら同様にジョン・ゲイシーがモデルなのだろうか。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《マッドマーダー》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星2 闇属性 アンデット族 攻400 守200

広告