《メルフィー・フェニィ》

効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻 100/守 300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合、
またはこのカードが相手モンスターの攻撃対象に選択された場合に発動できる。
このカードを持ち主の手札に戻す。
その後、手札から「メルフィー・フェニィ」以外の獣族モンスター1体を特殊召喚できる。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

 RISE OF THE DUELISTで登場する地属性獣族下級モンスター
 自身を手札に戻した後に同名カード以外の獣族手札から特殊召喚できる効果自分エンドフェイズ手札から特殊召喚する効果を持つ。

 効果の大筋はメインデッキメルフィー効果モンスター共通のものであり、(1)のバウンス後の効果がそれぞれ異なる。

 (1)のトリガー相手召喚特殊召喚、または自身が攻撃対象に選択された場合。
 相手特殊召喚は基本的に相手ターンで行われるため、攻撃対象にされることも含めて相手ターンで使う効果と考えれば良い。
 相手の展開前に自身がバウンスされるため除去を受けにくくなる。

 この効果の発動トリガーの1つ「攻撃対象に選択された場合」は「攻撃宣言時」と異なりバトルステップの巻き戻しによる攻撃対象の再選択でも発動できる。
 つまりバトルステップ発動したこのカード《メルフィー・パピィ》効果で発生するバトルステップの巻き戻しで、相手が他のメルフィー攻撃対象に選べばそのメルフィー効果発動できる。

 (2)は自分エンドフェイズでの手札からの特殊召喚
 返しのターンで(1)の発動が狙える。

 (1)でバウンス→次の自分ターンに(2)で展開→返しのターンに(1)と繰り返すことができる。
 これに(1)の固有効果を絡める事でアドバンテージを稼いでいくのがメルフィーの基本の動きとなる。
 ただし、相手が既に展開していた場合は、召喚特殊召喚を行う前に起動効果による除去が飛んでくるため、サイクルが途切れる。

 加えて相手の展開か、攻撃時にバウンスする都合上、固有効果を生かす場合はになり得ず、直接攻撃を受ける可能性が高い。
 カテゴリ外のカード直接攻撃への備えが必要となる。

 このカードの(1)の固有効果同名カード以外の獣族手札から特殊召喚する効果
 メルフィー共通の効果の弱点である、フィールドががら空きになる点を補える。
 高ステータス獣族を出してにしたり、特殊召喚に成功した場合の誘発効果を持つ獣族を出して相手ターンに妨害を行える。
 《メルフィー・キャシィ》とこのカードを並べれば、相手召喚特殊召喚トリガーに、任意の獣族サーチから特殊召喚コンボとなる。
 《森の聖獣 カラントーサ》を使えば相手召喚特殊召喚したモンスター破壊して動きを止めることができる。

関連カード

―《メルフィー・フェニィ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《メルフィー・フェニィ》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 獣族 攻100 守300 メルフィー

広告