《メルフィー・マミィ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/地属性/獣族/攻1000/守1000
獣族レベル2モンスター×2体以上
(1):自分・相手ターンに1度、発動できる。
自分の手札・フィールドから獣族モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。
(2):このカードが持っているX素材の数によって、このカードは以下の効果を得る。
●3つ以上:このカードは戦闘では破壊されない。
●4つ以上:このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
●5つ以上:このカードが攻撃表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃表示モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。

 RISE OF THE DUELISTで登場する地属性獣族エクシーズモンスター
 自分手札フィールド獣族を自身のエクシーズ素材にする効果エクシーズ素材の数に応じて「戦闘破壊耐性効果」「戦闘ダメージを受けない効果」「戦闘相手攻撃力分のバーンを与える効果」を得る効果を持つ。

 エクシーズ素材縛りに関しては《No.64 古狸三太夫》を参照。
 こちらは(2)の効果の都合上、3体以上でエクシーズ召喚することが求められる。
 もっとも、《魔獣の懐柔》で3体展開できるため、ここに《素早いビーバー》《レスキューキャット》《レスキューラビット》を組み合わせれば手札2枚の消費で5体のエクシーズ素材を揃えられる。

 (1)は自分手札フィールド獣族エクシーズ素材にする効果
 (2)のサポートの他、《メルフィータイム》バウンス枚数を増やす役割にも使える。
 フリーチェーンを活かして、他の獣族に対するサクリファイス・エスケープとしても使える。

 (2)はエクシーズ素材の数に応じてモンスター効果を得られる効果
 「●3つ以上:」は戦闘破壊耐性、「●4つ以上:」は戦闘ダメージを0にする効果、「●5つ以上:」は戦闘を行う相手攻撃力分のダメージを与える効果となる。
 「●4つ以上:」の効果を得ることで戦闘破壊されず戦闘ダメージも受けないとなる。
 「●5つ以上:」の効果を得た後、相手モンスター攻撃すれば一方的にダメージを与えられる。

 ただ、効果への耐性がないため、攻撃を妨害される可能性が高い。
 《メルフィーのかくれんぼ》による耐性付与などを活かしたい。
 中途半端にエクシーズ素材を増やしてもかえって戦闘破壊耐性が仇となりサンドバッグにされる恐れがあるため「●4つ以上:」を狙いたい。

  • 他のメルフィーの命名法則からするとモデルは「マミ」となり、一般的にはタヌキやムジナを指す言葉となるのだがこのモンスターは大きな角の生えたシマリスのような姿をしておりどちらとも似ていない。
    母親を意味する「Mommy(マミー)」が由来と思われる。

関連カード

―《メルフィー・マミィ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《メルフィー・マミィ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク2 地属性 獣族 攻1000 守1000 メルフィー

広告