《ユウ−Ai(アイ)−》

永続魔法
(1):元々の攻撃力が2300のサイバース族モンスターが特殊召喚された場合、
その属性によって以下の効果から1つを選択して発動できる。
「ユウ−Ai−」の以下の効果は1つの属性につき1ターンに1度しか選択できない。
●地・水:フィールドの表側表示モンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで半分にする。
●風・光:フィールドの表側表示のカード1枚を選び、
その効果をターン終了時まで無効にする。
●炎・闇:自分フィールドに「@イグニスタートークン」(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した永続魔法
 元々の攻撃力が2300のサイバース族特殊召喚に成功した場合に、その属性によって3種類の効果から1つを適用できる。

 元々の攻撃力が2300のサイバース族@イグニスターコード・トーカーに多く存在するので、主にそれらのデッキで活用することとなるだろう。
 同じ属性1ターンに1度しかトリガーにできないが、1つの効果につき2属性が設定されているため、その2属性がそれぞれ特殊召喚された場合、同一ターンに同じ効果を合計2回発動できる。

 水属性効果モンスター攻撃力を半減する効果
 攻撃力を半減することにより戦闘破壊を容易にする。
 《アースゴーレム@イグニスター》などの効果と併せれば大きな戦闘ダメージも期待できるだろう。
 《シューティングコード・トーカー》戦闘破壊を必要とする効果を持つため、その補助にも役立つ。
 《ウォーターリヴァイアサン@イグニスター》の(1)の効果チェーンすれば攻撃力4600までバウンス可能。

 光属性効果表側表示カード効果無効にする効果
 自分ターンには厄介なカード無効にし、妨害を防ぐことができる。
 フリーチェーン特殊召喚するギミックが必要になるが、相手ターンにそれらでトリガーを満たせば制圧カードとして使うことも可能。
 《ライトドラゴン@イグニスター》《ウィンドペガサス@イグニスター》破壊耐性を持つカード破壊できるようにもなる。
 ただしチェーンブロックを作る関係上、無効にしたい効果チェーンして特殊召喚しても止められない点には注意。

 「●地・水:」・「●風・光:」の効果対象をとらないため対象耐性を持つモンスターの突破にも役立つ。

 闇属性効果@イグニスタートークンを生成する効果
 それをリンク素材などにすることで展開力をあげることができる。
 特に高い展開力を持つ《ダークナイト@イグニスター》特殊召喚トリガーにできればその後の展開の幅が広がる。
 @イグニスタートークンをあちらの(1)の効果トリガーにすることもできるが、基本的に蘇生モンスター数が増える《ダークインファント@イグニスター》リンク召喚を間に挟んだほうが良い。

  • カード名は「友愛」と「UI」のダブルミーニングか。
    友愛は「人間愛・友情」を、UIは「ユーザーインターフェイス(User Interface)の略称で、一般的にユーザー(利用者)と製品やサービスとのインターフェース(接点)すべて」をさす。
    また、イラスト《デコード・トーカー》が描かれていることから、「ユウ」には遊作も掛かっていると思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSにて登場したイグニスは人間との関係性についてそれぞれ異なる立場をとっていた。
    水・地のイグニスは中立、風・光のイグニスは敵対、炎・闇のイグニスは融和という立場であった。
    属性の区分けはこの立場の違いをモチーフにしていると思われる。
  • イラストではイグニス体のAiが《リンクリボー》に乗っかっているが、アニメ本編でもこの様なシーンは度々見られた。
    また、第2期オープニングの映像にも同様のシーンが見られる。

関連カード

イラスト関連

元々の攻撃力が2300のサイバース族

地属性

水属性

風属性

光属性

炎属性

闇属性

収録パック等


Tag: 《ユウ−Ai−》 魔法 永続魔法 Ai

広告