《リターナブル(ジャー)

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から罠カード1枚を除外して発動できる。
そのカードとは元々のカード名が異なる罠カード1枚を自分の墓地から選んで手札に加える。

 RISE OF THE DUELISTで登場した永続罠
 除外した罠カードとは異なるカード名罠カードサルベージする効果を持つ。

 毎ターン1枚の罠カードサルベージを行えるが、同名カード以外の罠カード墓地から除外する必要がある。
 毎ターン使うなら罠カードを効率良く墓地肥やしする手段と併用したい。
 任意の罠カード墓地へ送れる通常罠《バージェストマ・マーレラ》とは相性がよく、1枚でコストサルベージしたい罠カードの両方を墓地に用意できる。

 ただし、サルベージしたそのカード発動セットして1ターン待つ必要があり、即効性が低い。
 このカード自体も罠カードなので、回収から再発動を狙うには2ターンはかかる。

 【メタビート】系列や、非ビートダウン等の罠カードを多用する長期戦デッキなら遅さはカバーできる。
 使い捨ての防御カードならば除外しても支障はなく、より長期間の防御が見込める。
 このカード除去される可能性はあるが、他の防御カード身代わりになっているので最低限の働きはしている。

 手札から発動できる罠カードや、手札から発動できるようにするカードと併用するのもよい。
 【バージェストマ】【幻煌龍】は元々複数の罠カードを採用するのでコストも確保しやすい。
 《ハーピィの羽根吹雪》は高い妨害力を持つので、罠カードを中心とした【ハーピィ】にしてみるのも面白い。

  • 「リターナブル(returnable)」とは、紙容器・瓶などが再利用のために返却・回収が可能であることを意味する。
    カード名の「瓶」をそのまま「びん」と読んだ場合、繰り返し使用できる瓶の総称を示す言葉になる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《リターナブル瓶》 永続罠

広告