《レッドアイズ・ブラックフルメタルドラゴン》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3400/守2400
このカードは通常召喚できず、レベル5以上のドラゴン族モンスターをリリースして発動した
「メタル化・強化反射装甲」の効果で特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
デッキから「メタル化」罠カード1枚を自分フィールドにセットし、このカードをデッキに戻す。
(2):相手が効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
その後、相手フィールドの攻撃表示モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える事ができる。

 RAGE OF THE ABYSSで登場する闇属性機械族特殊召喚モンスター
 通常召喚できず、レベル5以上のドラゴン族リリースした《メタル化・強化反射装甲》効果特殊召喚できる召喚条件手札の自身を公開する事でデッキからメタル化罠カードフィールドセットし、自身をデッキに戻す効果相手効果発動した時、その発動無効にし、相手フィールドモンスター1体の元々の攻撃力分の効果ダメージ相手に与える事ができる効果を持つ。

 《メタル化・強化反射装甲》効果特殊召喚できるモンスターの1体で、このカードレベル5以上のドラゴン族リリースする必要がある。
 リリースするモンスターとしては、《メタル化・強化反射装甲》関連モンスターの中では自身の効果レベルを上げ種族を変更した《鋼鉄の幻想師》を用いることになる。
 その他の特殊召喚が容易なドラゴン族を使用してもよく、リリース墓地へ送られたことをトリガーとする効果を持つものならなお良いだろう。

 (1)は、手札の自身とデッキメタル化罠カードを入れ替える効果
 セットするカードとしては《メタル化・強化反射装甲》が存在しない場合にはあちらを優先し、既に確保できているなら他のカードから選ぶことになるか。
 自身をデッキに戻す点は《メタル化・強化反射装甲》デッキからでも特殊召喚できるため、基本的に気にならない。

 (2)は相手効果の発動無効にし、相手モンスター1体の元々の攻撃力分のバーンを行う効果
 あらゆる効果の発動コストなどもなく1度無効にできるため、マストカウンターの見極めは求められるが高い制圧力を持つ。
 特にライフポイントの減った終盤になれば後半のバーンの大きさが重くのしかかり、効果の発動に対する強い抑止力となるだろう。
 《メタル化・強化反射装甲》装備させれば攻撃力3800となる上に耐性まで得られ、突破手段も限られやすい。

 (1)で《メタル化・強化反射装甲》を用意できるため、レベル5以上のドラゴン族を使う【ドラゴン族】にならこのカード《メタル化・強化反射装甲》を採用する手もある。
 具体的に採用を検討できるのは以下の様なデッキとなるか。

  1. リリース時にリクルートを行う【聖刻】
  2. 《深淵の獣ドルイドヴルム》《復烙印》で消費を補える【ビーステッド】
  3. 融合召喚縛りの中でも展開でき、融合モンスター墓地効果持ちが多い【アルバスの落胤】
  4. フィールドに出した後はバニラとなる《原石竜インペリアル・ドラゴン》を擁し、特殊召喚手段の多い通常モンスター《メタル・デビルゾアX》と使い分けしやすい【原石】
  5. 《銀河眼の時源竜》送りつけて大ダメージを狙える【タキオン】

 【シンクロ召喚】でも《金雲獣−馬龍》《瑚之龍》コストにすれば墓地効果に繋げられ、他にも効果使用済みの《ヴァレルロード・S・ドラゴン》などをコストにできる。

関連カード

リメイク

収録パック等


Tag: 《レッドアイズ・ブラックフルメタルドラゴン》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 機械族 攻3400 守2400 レッドアイズ

広告