《ヴァリアンツの巫女(みこ)東雲(シノノメ)

ペンデュラム・効果モンスター
星2/水属性/魔法使い族/攻 500/守 500
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヴァリアンツ」モンスターしか特殊召喚できない(EXデッキからの特殊召喚は除く)。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「ヴァリアンツ」魔法カード1枚を手札に加える。
(2):モンスターゾーンのこのカードが他のモンスターゾーンに移動した場合に発動できる。
デッキから「ヴァリアンツの巫女−東雲」以外の「ヴァリアンツ」モンスター1体を手札に加える。

 デッキビルドパック タクティカル・マスターズで登場する水属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 ペンデュラムゾーンの自身を正面に特殊召喚するペンデュラム効果ヴァリアンツ魔法カードサーチする効果ヴァリアンツモンスターサーチする効果を持つ。

 ペンデュラム効果下級ヴァリアンツ共通のものであり、ペンデュラムゾーンから自己特殊召喚が可能。
 カードの位置さえ気をつければノーコストで展開できる。
 特殊召喚制限は発動後の残存効果であり、かつエクストラデッキからの特殊召喚には制限がない。
 そのため純【ヴァリアンツ】以外でも展開手順や構成などの工夫でリスク低減は比較的容易だろう。

 (1)のモンスター効果は「ヴァリアンツ魔法カードサーチ」。
 直接的にアドバンテージを獲得できる効果なので、下級モンスターではあるが積極的に特殊召喚を狙いたい。
 現状ヴァリアンツフィールド魔法サーチし、その効果自分相手フィールドゾーンにそれぞれヴァリアンツフィールド魔法発動することになる。

 (2)の固有効果ヴァリアンツモンスターサーチであり、こちらもまた直接アドバンテージを稼げるもの。
 対象となるヴァリアンツはいずれも自己特殊召喚できるペンデュラム効果を持つ。
 上級モンスターの場合はこのカード自身、もしくは(1)でフィールド魔法サーチしていれば特殊召喚条件を満たせるのですぐに展開できる。

 ヴァリアンツモンスター効果は、(1)は下級モンスター間で、(2)はメインデッキヴァリアンツ全体で発動条件が共通している。

 下級ヴァリアンツの(1)の発動条件は「自身が特殊召喚されている場合」。
 下級モンスターではあるものの、各々のペンデュラム効果の利用やペンデュラム召喚手段の準備が重要になる。
 当然、他の手段で特殊召喚していても使えるのでリクルートなどを狙うのも良い。
 ただし、これらは特殊召喚時の誘発効果ではなく特殊召喚されていることで発動できるようになる起動効果
 特殊召喚手段によってタイミングを逃すことがない一方、相手ターン特殊召喚しても即座に効果を使用できるわけではない。

 メインデッキヴァリアンツ共通の(2)の発動条件は、「モンスターゾーンの自身が他のモンスターゾーンに移動した場合」。
 カテゴリ内では現状《ヴァリアンツの忍者−南月》《ヴァリアンツB−バロン》ヴァリアンツ融合モンスターペンデュラム効果などがトリガーとなる。
 とはいえそれだけで安定してカードの位置を動かすのは難しいため、《ポジションチェンジ》など汎用カードの採用も十分考えられる。

  • 人間型のヴァリアンツとしては、肩書やカラーリングが共通の種族属性に最も馴染んでいる。
    砲の様な武器から攻撃を放っているが、《ヴァリアンツの聚−幻中》のイラストを見るに箒のようだ。
    いわゆる魔女の持ち物としての箒というより、神社の境内掃除に使われる道具としてのイメージだろう。

関連カード

―《ヴァリアンツの巫女−東雲》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴァリアンツの巫女−東雲》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星2 水属性 魔法使い族 攻500 守500 スケール1 ヴァリアンツ

広告