《ヴァリアンツの(しゅう)幻中(マモナカ)/Mamonaka the Vaylantz United》

融合・ペンデュラム・効果モンスター
星10/水属性/魔法使い族/攻2800/守2800
【Pスケール:青10/赤10】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
●自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体を選び、
その位置をその隣のモンスターゾーンに移動する。
【モンスター効果】
「ヴァリアンツ」モンスター×3
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):お互いのメインフェイズに、相手のメインモンスターゾーンの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターをそれと同じ縦列の相手の魔法&罠ゾーンに永続魔法カード扱いとして表側表示で置く
(置く先にあるカードは破壊され、それがモンスターカードの場合、相手はその攻撃力分のLPを失う)。
(2):特殊召喚したこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 デッキビルドパック タクティカル・マスターズで登場した水属性魔法使い族融合ペンデュラムモンスター
 「自身の特殊召喚」か「モンスター位置を動かす」のいずれかを選択するペンデュラム効果相手効果モンスターを同じ縦列の相手魔法&罠ゾーン永続魔法扱いで置く誘発即時効果相手効果破壊された場合にペンデュラムゾーン置く誘発効果を持つ。

 融合素材は「ヴァリアンツ」3体と若干重い
 《ヴァリアンツG−グランデューク》と異なり他の特殊召喚方法もないため、普通に呼び出そうとすると消費が大きくなってしまう。
 《円融魔術》《ダウジング・フュージョン》による墓地融合も可能だが、ペンデュラムモンスターで統一されたヴァリアンツ墓地へ送るのも一手間かかる。
 融合魔法カードを使わず《ヴァリアンツの武者−北条》融合召喚する、《ヴァリアンツD−デューク》コントロール奪取した相手モンスターを利用するなどして消費を抑えたい。

 ペンデュラム効果ヴァリアンツ融合モンスター共通であり、2つの内1つを選択するもの。
 「自身の特殊召喚」はメインデッキヴァリアンツと異なり発動条件や制約が一切ない点で優れている。
 「モンスター位置を動かす」の主な使い方については《ヴァリアンツの忍者−南月》を参照。
 あちらと異なり相手モンスターは動かせないが、【ヴァリアンツ】では基本的に自分ヴァリアンツを動かすので然程の違いではない。

 (1)のモンスター効果相手効果モンスターをその後ろの魔法&罠ゾーン永続魔法扱いで置く効果
 メインフェイズ限定だがフリーチェーンなので応用性が高く、能動的な除去から制圧まで幅広く利用できる。
 この効果フィールドから離さずにモンスター除去を行えるため、離れるトリガーとするカードの効果を使わせない点でも優れる。
 エクストラモンスターゾーン裏側表示モンスター除去できない点は気を付けたい。

 移動した先に既にカードが存在すればそちらを破壊できるため、事実上2枚のボード・アドバンテージを得られるに等しい。
 また、破壊したカードモンスターカードならばその攻撃力分のライフを失わせる
 バーンではないので相手は防ぐのは難しく、場合によっては引導火力として十分な威力にもなり得るだろう。
 能動的に狙うのならば、《ヴァリアンツB−バロン》《VV−百識公国》効果コンボすると良い。

 モンスター装備カードにする効果ペンデュラム効果を活用するデッキは、自然とこの効果によるダメージのリスクが大きくなる。
 更に「永続魔法カード扱い」として移動させるので、対象がペンデュラムモンスターであってもペンデュラムゾーンを無意味に塞いでしまうことになる。
 そのため、特にペンデュラム召喚を軸とするデッキ相手なら両端のメインモンスターゾーンの使用を強く牽制できる。

 (2)は相手効果破壊された場合にペンデュラムゾーン置く効果
 これによりヴァリアンツにおいて重要な位置移動のペンデュラム効果を活用することができる。
 メインデッキヴァリアンツペンデュラムスケールが1なので、ペンデュラム召喚を狙うつもりであればその点でもこの効果は重要になる。
 「自身の特殊召喚」も選べるため効果破壊に対しては疑似的な耐性を持っているように扱うことも可能。

 ただし相手ターン破壊された場合は返しのターンまで維持しなければペンデュラム効果は使えず、その前に除去されるリスクはある。
 ステータスもさほど高いというわけではなく、戦闘破壊されてしまうと再利用には少々手間がかかる。
 また、あくまでも相手からの効果破壊にしか対応せず、能動的にペンデュラムゾーンに置くことはできない。
 ペンデュラム効果を積極的に使いたいのであれば《ペンデュラム・スイッチ》を併用する方が無難だろう。

関連カード

イラスト関係

収録パック等


Tag: 《ヴァリアンツの聚−幻中》 モンスター 融合モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星10 水属性 魔法使い族 攻2800 守2800 スケール10 ヴァリアンツ

広告