暗黒界(あんこくかい)龍神王(りゅうしんおう) グラファ》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻3200/守2300
「暗黒界の龍神 グラファ」+闇属性モンスター
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターの効果・通常魔法・通常罠カードを発動した時に発動できる。
その効果は「相手は自身の手札を1枚選んで捨てる」となる。
(2):融合召喚したこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「暗黒界の龍神 グラファ」1体を選んで特殊召喚する。
その後、手札があるプレイヤーは自身の手札を1枚選んで捨てる。

 ストラクチャーデッキR−デビルズ・ゲート− 開かれし深淵の扉パックで登場する闇属性悪魔族融合モンスター
 相手発動したモンスター効果通常魔法通常罠効果を「相手は自身の手札を1枚選んで捨てる」に変更する効果融合召喚した自身が相手によってフィールド離れた場合に《暗黒界の龍神 グラファ》蘇生帰還し、その後手札を持つプレイヤーは1枚ずつ選んで捨てる効果を持つ。

 基本は《暗黒界の龍神 グラファ》+任意の暗黒界、または暗黒界と相性の良い未界域を用いて融合召喚する事になるだろう。
 ただ、闇属性には汎用性の高いものも多く、融合召喚と相性が良いモンスターも少なくないので、それらを融合素材にする事も検討できる。
 融合召喚手段の筆頭候補は暗黒界にも属する《暗黒界の登極》であり、手札暗黒界未界域捨てる事で効果の発動に繋げられる上、融合素材除外してしまう点も(2)によりある程度は補える。
 その他、《超融合》相手闇属性融合素材にするのもありだが、この場合はほぼ同じ融合素材で出せる《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》もおり、状況に応じた使い分けが求められる。
 変わった所では、融合素材代用モンスター闇属性ティアラメンツ融合召喚できる事から、《沼地の魔神王》と共に【ティアラメンツ】に入れてみるのも手。
 (2)は使えないが、(1)はティアラメンツともシナジーするので打点以外にも出すメリットはある。

 (1)は相手発動したモンスター効果通常魔法通常罠効果を変更する効果
 「相手効果」で「こちらの手札捨てる」事になるため、暗黒界モンスターが持つ共通効果トリガーとなり、追加効果適用も狙える。
 また、自身に対する除去効果を妨害できるため、間接的に自身の場持ちにも役立つ。

 (2)は《暗黒界の龍神 グラファ》蘇生帰還と、お互いに作用するハンデス効果
 蘇生帰還先に関しては融合素材として送られているケースが殆どなので、大概のケースでは存在するだろう。
 墓地融合などで除外されてしまったあちらを再利用できるのはデッキとしても有用である。
 トリガーは緩いが、バウンス裏側守備表示のまま除去される・裏側表示で除外装備カードエクシーズ素材)となる、等には対応しないので、それらに対しては(1)等を駆使して防ぎたい。

 その後、(手札があれば)お互いに自身の手札1枚を捨てる処理が行われる。
 自分暗黒界の共通効果を誘発させられるので、実質相手にのみ損を押し付ける効果と言ってよい。
 ただし、相手捨てて利のあるカードを選ぶ可能性は高く、必ずしもハンデスがプラスに作用するとは限らない。

 融合召喚せずとも、融合素材《暗黒界の龍神 グラファ》カード名が記載されているだけで採用する価値はある。
 《E・HERO プリズマー》《暗黒界の龍神 グラファ》墓地へ送ることができ、他に暗黒界が存在すれば自己再生へと繋がる。
 その他、《融合派兵》が2700打点を用意するカードとしても機能する。

関連カード

―《暗黒界の龍神王 グラファ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《暗黒界の龍神王 グラファ》 モンスター 効果モンスター 融合モンスター 星10 闇属性 悪魔族 攻3200 守2300 暗黒界

広告