運命(うんめい)囚人(しゅうじん)

永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):リンク4モンスターがリンク召喚された場合に1度、発動できる。
このカードにカウンターを1つ置く(最大3つまで)。
その後、このカードのカウンターの数によって以下の効果を適用できる。
●1つ:カード名を1つ宣言する。
このターン、宣言したカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。
●2つ:自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●3つ:このカードを墓地へ送り、EXデッキからリンク4モンスター1体を特殊召喚する。

 HISTORY ARCHIVE COLLECTIONで登場した永続罠
 リンクモンスターリンク召喚に成功した場合に、カウンター置きそのカウンターの個数によって効果適用できる効果を持つ。

 基本的にはリンク4のリンク召喚が容易なデッキで使用することになる。
 特に「●2つ:」「●3つ:」を狙うならかなりデッキとして特化する必要があるだろう。
 《世海龍ジーランティス》ならリンク4のモンスター1体から出せるため、カウンターを稼ぎやすい。
 カテゴリデッキで見れば、【マリンセス】【イビルツイン】【プランキッズ】は少ない消費でリンク4に繋げられるデッキであり、無理なく動きに組み込める。
 【サラマングレイト】なら《転生炎獣パイロ・フェニックス》を転生リンク召喚することで2つカウンターを載せることが可能。
 なおどちらのプレイヤーによるリンク召喚にも反応するため、相手リンク召喚主体のデッキであればメタカードとして使えなくもない。

 「●1つ:」の効果宣言したカード名効果をそのターン無効にする効果
 そのターン中の《禁止令》のようなカードであり厄介なカードの妨害を封じられる。
 とはいえその手の妨害カードの多くはリンク4のリンク召喚までに使用されるため防御カードとしては不安も多い。

 《I:Pマスカレーナ》などと組み合わせることもできるが、その場合この効果の適用のタイミングに注意。
 起動効果無効モンスターを見てからリンク召喚で間に合うものの、特殊召喚成功時などの誘発効果誘発即時効果に関してはチェーンでは間に合わないため予測して宣言することが求められる。

 「●2つ:」は下級モンスター蘇生
 レベル以外に制限もなく効果無効にならないため、さらなる展開を狙いやすい。

 「●3つ:」はリンクモンスター特殊召喚
 カウンターを3つ乗せる過程で並んでいるリンク4に更にリンク4を並べられ、エクストラリンクなども狙いやすい。
 しかし、リンク4を3体出し、さらにもう1体展開するとなるとエクストラデッキの枠を大きく取ることになり、汎用リンクモンスターを採用しにくくなる。
 リンク4の《アクセスコード・トーカー》など1体出すだけでも勝負を決することは可能であり、この効果を狙うとオーバーキルになる可能性は高い。
 なおリンク召喚扱いではないため、一部相性の悪いモンスターも存在する点は注意。

  • 原作・アニメにおいて―
    カード名の元ネタはアニメVRAINS第44話のサブタイトル及び同話内における「遊作/Playmaker vs鴻上了見/リボルバー」(4戦目)でのリボルバーの発言だろう。
    リボルバーはロスト事件によって運命を狂わされ、それが今なお人生に影響を及ぼしている状態の自分達のことをこう評した。
    イラストは同デュエル中に、《デコード・トーカー》《ヴァレルロード・ドラゴン》戦闘破壊する場面である。
    初登場時のカードナンバーと同じアニメVRAINS第46話のシーンであり、意図的に合わせて収録された可能性がある。
  • 遊作/Playmakerは自身の考えや意見を述べる時には3つの回答や選択肢を出す癖がある。
    「1つ」「2つ」「3つ」とカウントしていく効果なのはこの点を意識したものだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《運命の囚人》 永続罠

広告