影依の炎核(ヘルシャドール) ヴォイド》

リバース・効果モンスター
星9/炎属性/悪魔族/攻2900/守2900
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
属性がそのモンスターと同じ「シャドール」モンスター1体を
自分のEXデッキから墓地へ送り、対象のモンスターを除外する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
フィールドのモンスターの元々の属性の種類の数だけ、
自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 SELECTION 10で登場する炎属性悪魔族最上級リバースモンスター
 リバースした場合に対象モンスターと同属性シャドールエクストラデッキから墓地へ送り対象モンスター除外する効果墓地へ送られた場合にフィールドモンスター属性の数だけデッキの上からカード墓地へ送る効果を持つ。

 (1)はリバースした場合におけるエクストラデッキからの墓地肥やしモンスター除去
 シャドール融合モンスターサルベージ効果モンスター除去を兼ねられるため、得られるアドバンテージは大きい。
 《エルシャドール・アプカローネ》ならばサーチも可能なので、サルベージ先が無い状態でも無駄にならない。
 シャドール融合モンスターは6属性全てが揃っているため、対象にさえ取れれば確実に発動はできるだろう。

 レベル9のこのモンスターアドバンスセットするのは現実的ではないので、各種効果により裏側守備表示特殊召喚したい。
 特に《影霊の翼 ウェンディ》はいずれの効果でもリクルートできるため、狙う場合は是非とも併用したい。
 純粋に高いステータスを誇るため、リバース後はアタッカーとしても運用できる。

 (2)は墓地へ送られた場合にフィールドモンスターの元々の属性の数だけメインデッキから墓地を肥やす効果
 フィールドの状況次第では墓地肥やしの枚数も稼げ、運が良ければ連鎖的にシャドール墓地へ送られた場合の効果の発動を狙える。
 ただし、フィールドモンスターの元々の属性を参照するため、枚数に安定感はなく初動では効果的に扱えないことも多い。
 初動でなければ《針虫の巣窟》という安定して墓地を肥やせる選択肢も存在し、あえて不安定なこの効果を狙うかはよく考えたい。

 メインデッキに入るシャドールで唯一の炎属性であるため、《エルシャドール・エグリスタ》融合素材に使えるという利点がある。
 炎属性は比較的マイナーな属性であり、汎用性の高いものは《灰流うらら》《ジェット・シンクロン》等に限られやすい。
 効果を考慮せずとも、採用しておけば《影依融合》によるデッキ融合がやりやすくなる利点がある。

 レベル9のリバースモンスターなので《聖占術姫タロットレイ》リリースを1体で賄える。
 【占術姫シャドール】ならリバースした場合の効果を使った上で融合召喚も可能。

 《星遺物の胎導》リクルートも可能であり、異なる属性レベル9を多用する性質上、自壊しても(2)で墓地アドバンテージも稼ぎやすい。
 《ディザスター・デーモン》などで能動的に墓地へ送るのも手だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《影依の炎核 ヴォイド》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星9 炎属性 悪魔族 攻2900 守2900 シャドール

広告