王家の守護者(ファラオニックガーディアン)スフィンクス》

効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻2300/守3000
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
(2):このカードが反転召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
(3):フィールドのこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから岩石族・レベル5モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した地属性岩石族最上級モンスター
 自身を裏側守備表示にできる起動効果反転召喚に成功した場合に相手モンスター全てをデッキバウンスできる誘発効果相手破壊された場合にレベル5の岩石族裏側守備表示特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 《守護者スフィンクス》上位種とでも言うべきサイクル・リバース
 あちらよりレベルが3つ、攻守のステータスが600ずつ高く、(2)もあちらと類似する効果である。
 違いは、あちらが手札バウンスするのに対し、こちらはデッキバウンスする為、除去としてはより強力になっている。
 一方、最上級モンスターであるためアドバンスセットだと消費がより重く、何らかの方法での特殊召喚が望ましい。
 最も簡単なのは《御影志士》《怒気土器》裏側守備表示特殊召喚する方法だろう。
 レベル8なので《シェル・ナイト》にも対応するが、その場合は(1)で裏側守備表示にできないためワンテンポ遅れる点に注意。

 (3)は裏側守備表示でのレベル5・岩石族特殊召喚であり、《守護者スフィンクス》に無い効果である。
 (2)を防ぐために相手はこのカード除去を試みやすいので、相手依存のトリガーながら満たしやすい方か。
 裏側守備表示という指定を踏まえると、リクルート先の筆頭候補は上記の《守護者スフィンクス》だろう。
 通常モンスターだが、《迷宮壁−ラビリンス・ウォール−》も3000の守備力を持つのでにできる。
 先史遺産にも複数リクルート先が存在するが、【先史遺産】にわざわざこのカードを採用するメリットは薄い。

関連カード

(3)で特殊召喚できるレベル5の岩石族

通常モンスター

効果モンスター

収録パック等


Tag: 《王家の守護者スフィンクス》 効果モンスター モンスター 星8 地属性 岩石族 攻2300 守3000 ガーディアン スフィンクス

広告