化石融合(かせきゆうごう)−フォッシル・フュージョン/Fossil Fusion‎》

通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手の墓地から、「化石」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果でお互いの墓地からモンスターを除外した場合には、
その特殊召喚したモンスターはモンスターの効果の対象にならない。
(2):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドの表側表示の「化石」融合モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 COLLECTION PACK 2020で登場した通常魔法
 化石融合モンスター融合召喚する効果化石融合モンスター破壊された場合に自身をサルベージできる効果を持つ。

 (1)はお互い墓地融合素材除外し、化石融合モンスター墓地融合する効果
 相手墓地モンスター融合素材にできるため、このカード1枚で相手墓地アドバンテージを奪いつつ融合召喚できる。
 ただし、手札フィールド融合には対応していないため、1ターン目などでは墓地を肥やすカードリンク召喚などを用いて融合素材を揃えたい。
 《ネメシス・キーストーン》岩石族融合素材として使いやすく、除外された場合エンドフェイズ手札に戻り、次のターンにもう一方の融合素材を戻して特殊召喚《リンクリボー》リリースなどに使い墓地へ送るという動きが繰り返し行える。

 追加効果としてお互い墓地をそれぞれ除外した場合に、モンスター効果対象にならない耐性を付与できる。
 限定的ではあるが、耐性を付与することによって戦闘効果を妨害されづらくなるため安定した運用につながる。
 また、対象をとらない効果に関しても、破壊であれば(2)の効果の発動ができるため、モンスター効果除去では戦線を崩されにくくなる。

 とは言え、該当する融合素材相手墓地にあるとは限らない。
 追加効果は無理に狙わず、自分モンスターのみでも安定して融合召喚できるようにするべきだろう。
 また、自分モンスター効果の対象にもできなくなる点は注意。

 (2)は墓地のこのカードサルベージする効果
 化石融合モンスター戦闘効果破壊された場合に発動でき、その破壊されたモンスター融合素材に再び化石融合モンスター墓地融合できる。
 自分カードの効果破壊された場合にも発動できるため、《ブラック・ホール》などで破壊してサルベージし(1)の効果に繋いでもよい。
 特に「新世代」と「中世代」の化石融合モンスター墓地発動する効果を持つため、そちらにも繋げられる。

  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE シリーズでは2の時点からオリジナルカードとして登場していた。
    アニメ版と同じ効果となっている。

関連カード

サポートカード
 ※化石融合モンスターを除く《化石融合−フォッシル・フュージョン》のカード名が記されたカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《化石融合−フォッシル・フュージョン》を墓地へ送って《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》の(2)の効果発動できますか?
A:ご質問の場合、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》の(2)の効果発動することはできません。
  したがって、《化石融合−フォッシル・フュージョン》をコストとして墓地に送ることもできません。(20/06/20)


Tag: 《化石融合−フォッシル・フュージョン》 魔法 通常魔法 融合 フュージョン

広告