()たし−Ai(アイ)−》

永続罠
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、
自分フィールドのカードの数×100ダウンする。
(2):自分の「@イグニスター」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(3):自分の「@イグニスター」モンスターが戦闘で破壊された時、
そのモンスター以外の自分の墓地の攻撃力2300のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した永続罠
 相手モンスター全体弱体化させる効果@イグニスター戦闘時に相手効果の発動を封じる効果@イグニスター戦闘破壊された時にそのモンスター以外の攻撃力2300のサイバース族蘇生する効果を持つ。

 (1)は汎用的な効果ではあるものの、(2)(3)の効果Aiに属することを鑑みると、専ら【@イグニスター】での採用となる。

 (1)は自分フィールドの枚数に比例した全体弱体化
 カードの種類は問わないものの、倍率は低いので高い展開力を活かしてモンスターを並べられるといい。
 @イグニスターは全体的に攻撃力が低めなので300〜500ほどの弱体化ができれば戦闘も有利に進めやすくはなる。
 特に戦闘破壊効果につながる《ダークナイト@イグニスター》との相性がいい。

 (2)は戦闘時の効果の発動の封殺。
 (1)と合わせて戦闘破壊を安定して行え、(3)の効果の発動も妨害されなくなる。
 @イグニスターには戦闘を介して効果発動するものが多いため、それらの効果を安定して通すことにもなる。

 (3)は攻撃力2300のサイバース族蘇生
 該当モンスターのほとんどが特殊召喚モンスターのため、リンク素材等であらかじめ墓地へ送るといい。
 《アースゴーレム@イグニスター》蘇生すれば再びモンスター蘇生するとなってくれる。
 《転生炎獣ブレイズ・ドラゴン》同名カードエクシーズ召喚して除去ができる。
 下級モンスター攻撃力が低いので場合によっては自爆特攻から追撃へと繋げるのも手だろう。

  • カード名は「いがみ合い激闘すること・決闘すること」を意味する「果し合い」からか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《果たし−Ai−》 永続罠 Ai

広告