(かわ)きの(かぜ)/Dried Winds》

永続罠
「渇きの風」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のLPが回復した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこの効果を発動する。
そのモンスターを破壊する。
(2):自分フィールドに「アロマ」モンスターが存在し、
自分のLPが相手より3000以上多い場合、
その差分のLPを払ってこの効果を発動できる。
攻撃力の合計が、この効果を発動するために払ったLPの数値以下になるように、
相手フィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した永続罠
 ライフ回復が発生した時に相手モンスター破壊する効果、払ったライフの合計以下の攻撃力相手モンスター破壊する効果を持つ。

 (1)はアロマと同様にライフ回復トリガーとするモンスター破壊効果
 《神の恵み》《堕天使マリー》《黄金の天道虫》などといった毎ターン回復するカードと併用することで、毎ターンモンスター破壊できる。
 《ご隠居の猛毒薬》などフリーチェーン回復手段を用いれば、アロマモンスター効果も合わせて強烈な妨害が可能になる。

 アロマと同じく強制効果なので、相手モンスターが存在しなくても発動する。
 このカードチェーンブロックの最後に置くことで、直接チェーンする必要があるカウンター効果からアロマを守ることもできる。

 (2)は払ったライフコストの数値を振り分けてモンスター破壊する効果
 発動条件として、自分フィールドアロマが存在し、自分ライフポイント相手よりも3000以上多い必要がある。
 しかし、破壊するモンスターは「攻撃力の合計が払ったライフポイント以下」になるように選ばなければならないため、不利な状況向けの効果にもかかわらず肝心な時に使えなかったり、キーカード除去できないといった事になる可能性も高い。
 さらにライフコストが「相手ライフポイントと同数になるまで」と融通が効かないのも痛く、併用が必須のはずのアロマ効果とも相性が悪い。
 一応対象をとらない利点はあるが、発動後すぐに回復できるなどでない限り、こちらの効果は最後の手段に留めておきたい。

 このカード自体は単体では機能しないコンボ前提のカードなので採用枚数は抑えておきたい。
 《アロマセラフィ−スイート・マジョラム》サーチすることができるので、回復カードが揃ったタイミングで加えるといい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《渇きの風》 永続罠

広告